※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2005-06年モデル






DOUBLE 143 ~ 154

011の代表的なモデル。ツインチップモデルでトーション、フレックスは柔らかめ。しかしノーズとテールははじきやすく設定されていてパーク・ジブ・グラトリで扱いやすくなっている。



WRING 140 ~ 148

レディース用のディレクショナルツインチップモデル。
ソフトフレックスで脚力の弱いレディースライダーでも取り回しやすく、エントリーユーザー・ステップアップを図りたいライダーへ向けられた新しいコンセプトのボード。ライダーの好みやその日のコンディションによってセンタースタンスで乗ってもセットバックしても楽しめる欲張りなデザインは、レディースライダーのスノーボード感を確実に広げる。



NOIZE 153~157

メンズ用のディレクショナルツインチップモデル。
DOUBLEが思いっきりジブやパーク、グラトリにふったモデルなのに対して、このNOIZEはフリーランも出来るオールラウンド的な位置づけなのかな?と思います。


PROシリーズ

STREET 148

チームライダーが擦りに使用するツインチップモデル。全てがジビングの為に設計された板。
全てをロックする超攻撃的デザイン!
ストリートで生き抜くために、全てがジビングの為に設計されたSTREET148。
独特のスクエアノーズとビベリングエッジ処理でボードは体の一部となり、ストリートでもパークでもライダーの限界値を押し上げる!
BOARD SPEC
Length 148cm
Effective Edge 118cm
Waist Wide 24.7cm
Sidecut Radius 8.3m
Stance 53 / 57 cm
Set back 0cm

RISE 151

相内会長が今期擦りで使うのがこの会長モデル
日本中に広がる波紋!
スタンダードを打ち破りつづける会長・相内康夫のライディングのためにRISE 151は開発されました。
スケートボードの影響を受けた会長のスタイルに必要不可欠なソフトなトーションと強力な反発力はライダーに新たな世界を体験させる!

BOARD SPEC
Length 151cm
Effective Edge 117.5cm
Waist Wide 24.7cm
Sidecut Radius 8.5m
Stance 53 / 57 cm
Set back 0cm

ZEBRA 154

プロボーダー紹介のトピでも紹介したMAJORが擦りで今期使用するモデル。