Mumble


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは声は聞こえているがマイクは反応してるけど相手に届いてない時用のページ
インストール済みの方推奨です
マイク&音量調整等の設定です
あと何かあっても責任は問いませんご了承ください


Mumbleを起動すると↓の画像のように出ると思います 私はXP SP3ですのでほかのOSではどのように表示されるかはしらないです;;

次に「設定」から「設定(S)」をクリック

そうすると↓の画像のように「Mumbleの設定」がでます ここで左下に「高度な設定を表示する」をクリック 次の画像へ

クリックするとこのように項目&バー等が出たと思います 今↓の画像は音声入力が表示されています
ここで↑の画像はマイクの調整になります
上から
インターフェース
 この項目は今使用しているマイクのデバイスになります 使用しているマイクのデバイスを設定しましょう

伝送方式 この項目は喋る時の方式
 送信(T) ここは 常時音声の有効化 音声で有効化 プッシュトーク の三種類があります
   常時音声の有効化 はそのままの意味ですね 常時マイクがONの状態になってます
   音声で有効化   は今↑の画像が出ているように設定が細かく表示され 
            設定によっては音声がでなくなったり等があります 今回はこの設定の調整を試みます ↓に説明文
   プッシュトーク  は対応するキーまたはボタン系を押してる間はマイクがONになる設定です 人によってはこちらの方がやりやすい等あるようです

圧縮 この項目はデータ通信量&音質を上げ下げできます 
   音質 この項目は喋ったさいに相手が聞こえる音質 声がひどい等言われたら上げて見ましょう 上げすぎると通信量とられるかも?
     たぶん通話の通信量とマイクからサーバーに送る時の音質だと思います

音声処理 この項目は ノイズ制御 音量の増幅 の設定です
     ノイズがひどい等言われたらここをいじり調整してみてください ここはマイクの性能等で変わるので人それぞれです
     音量の増幅は不明・・・マイクブーストの役割だろうか?


では 音声で有効化 の説明に入ります
 上から送信(T) ここは 声で有効化 にしてください 
         信号の強さ S/N比 これは下のバーの赤い部分に入る方を選んでください 喋ったときに黄色&緑のバーに入る方を選んでください
                   喋ってないときは赤いバーの方に入ってるといいです
 送信継続時間  こちらは喋り終わったあとにマイクが何s マイクONになっているかの秒数です
         短いほどいいかも知れませんが喋り終わるごろにマイクOFFになってしまう可能性があります
 非発言のしきい値 こちらはあいまい黄色バーの調整 フェードIN OUT って私は考えてます
 発言しきい値   こちらは緑のバーの調整 マイクが完全にONになるバーです
 自動視聴禁止までの待ち時間 こちらは・・・設定したことないのでわからないです すみません;;

で上の説明したとおり喋ったときに緑のバーの中に入るよう調整してください 極めれば多分家庭音が入らないようになるはず・・・


ラストの↓画像 Mumbleからの出力です ここをいじれば音量等を変更できます

インターフェース ここはスピーカー ヘッドセット 等のデバイスを指定できます
音声出力 音量等の設定が可能です
位置音響 いじったことないのでわかりません;;
ループバックテスト ここでは喋ったときにサーバーを通したらどのように聞こえているか
          PC内だけでマイクのテストをするかの設定
          通常はなしでOKです

ほかの項目はショートカットの中にプッシュトークのボタン配置 マイクのミュートボタン等 振り当てることが可能です
オーバーレイは OFFがいいとのことです ONになっているとなにやら不具合が・・・私はすぐ設定をいじってOFFにしたのでどんな不具合かはわかりません

こんな感じでしょうか・・・

ほかにも AVA WIKI のTIPSから「Mumbleの設定に関して」のほうにも対応等が書いてあるからそっちも参照してね♪

  • 編集お疲れ~ そしてありがと^^ - ジョンニバ 2011-01-29 14:49:45
名前:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。