ポケモンの基礎的なこと


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まず、ポケモントレーナーとは、あるモンスターを育ててトレーナーという人達とその育てたポケモンを戦わせる人(?)のことです。
相手はCPU以外にも人である場合もあるので、ネットのマナーはきちんと守りましょう。

大まかに分けて5つの勝負の方式があり、これによってポケモンがある方式では役に立たず、他の方式では大活躍する場合があります。

つまりルールは重要です!

次の5つのルールがあります

  • シングルバトル(初代から)

  • ダブルバトル(ルビー、サファイアから)

  • トリプルバトル(ブラック、ホワイトから)

  • ローテションバトル(ブラック、ホワイトから)

  • シューターバトル


①シングルバトル

シングルバトルとはポケモンを1:1で戦わせる方式です。
つまり、タイプ相性がとても重要なことと言えます。
タイプ相性については相性表をご覧ください
例えば相手が水でこちらが炎の場合
もし控えに草タイプなどがいればそちらで水タイプのわざを受けて、炎ポケモンを守りながら自分が有利に立てます。
しかしながら、それだけならば奥が浅い・・・浅すぎる!
水タイプの大概は"氷タイプの技"を持っています。
氷タイプは草に弱点のダメージを当てることができます。
つまりここで相手が交換するかどうかの"読み"が必要になります。
一回失敗すれば取り返しのつかないことにもなりかねません。
これを何回も繰り返してバトルしていくのがシングルバトルの面白いとこです
絵で表すとこんな感じ

(準備中)



②ダブルバトル
こちらはポケモンを2:2で戦わせるバトルです。
このバトルにおいてある程度はタイプの相性が大事ですが、弱点でなくとも2匹で1体に集中攻撃できるというメリットがあります。
いかに抵抗があるとしても2匹分のダメージは相当つらいです。
しかし、守る、みきり等のそのターンの攻撃を(フェイントという技以外)すべて受けない技があります。
つまり1体に集中攻撃してその技を使われると、こちらの2匹は何もしていないのに向こうのもう1匹が動けるのでそちらの攻撃がくるということがあります。
つまりここでも"読み"が必要となってきます。
しかし、相手も技スペースが足りなくなってくるので必ずしも覚えさせているわけではありません。
いかに相手の行動を逆手にとるのかが問題となってくるのでこれが面白いとこです
絵で表すとこんな感じ

(準備中)



③トリプルバトル
トリプルバトルとはダブルバトルから察してもらえればわかるとおり、3:3のポケモンで戦わせるバトルです。
攻撃できる範囲が場所次第でかわり、絵で表すとこんな感じ

(準備中)

このバトルは攻撃できる範囲をよく知ることが重要となっています。
真ん中のポケモンは相手のどのポケモンにも攻撃でき、左のポケモンは一番右以外のポケモンに攻撃することができます(右のポケモンも同様)
そのため、たとえ相性が悪い相手がいたとしても、その攻撃範囲から外れていれば安全なわけです
あとはダブルバトルと同じ要領で攻めて行く感じです

なお、余談ですが真ん中に出るポケモンは2番目のポケモンです。1番目だと思わないようにしましょう。


④ローテーションバトル
ローテーションバトルとは、シングルバトルの進化したスタイルのバトルです。
まず、3体を出します。次に各3体のポケモンを使ってバトルします。
このときダメージを与えられるのは相手の3体のうち1匹のみで、さらに攻撃をうけるポケモンも相手の意思で変更されます。
つまり簡単にいえば、3体でシングルバトルをするようなものです
こればかりは説明しにくいので、実際にやってみてもらったほうがはやいです。
このバトルは相手の行動を逆手にとるのがとても重要になってきます


⑤シューターバトル
①~④のバトルの+αとして考えてください
これはターンごとに1シュータというポイントみたいなものがもらえます
このポイントによって使える決められたアイテムがあります
たとえば14ターン耐えれば「げんきのかたまり」等が使えるようになります
一気に決着をつけて道具を使わせないか、耐久戦をしかけて道具を使い逆転するかはそれぞれの自由です
個人的にはせっかくなのだし後者をおすすめしますw