強いポケモンとその対策


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

種族値とよばれるものによって使いやすい+とても強いポケモンがいます
中には技や特性によって強いポケモンになっている場合もあるのでかなりたくさんいます。
それぞれのポケモンについて書いていこうと思います


いわゆる厨ポケの1つ
普通のポケモンの中ではかなり素早さが高く、攻撃力もあり、耐久も4倍で攻撃されなければなかなか落ちない
つるぎのまい型、こだわりハチマキ型、最近ではさきどりなどに対抗するためスカーフ型が一般的
稀に特殊型もいるが、りゅうせいぐん以外はあまり火力が高くなく、弱点さえ突かれなければ大丈夫

つるぎのまい型への対策
これは非常に対抗する術がない、なぜなら1回積まれればたいていのポケモンはじしん、げきりん、ストーンエッジ、かみくだくの4つで落とされてしまうから
しかも、大概はヤチェ持ちが多く、中途半端な火力では1発ではなかなか落とせない
ちなみにガブリアスは50レベルの時最速で169なのですばやさが170以上あれば先制がとれる。
これに対抗するには、このポケモンよりはやいポケモンで1or2確する、攻撃→せんせい技で落とす(例、メタグロス)、もしくはパルシェンのようなタスキからでやぶる→つららばりで一掃するのがメジャー
一見耐久型なら平気であろうと思う方もいるだろうが、積まれるのが落ち、むしろ天敵になりえるのであまりおすすめしない

こだわり鉢巻型
調子に乗っているとこの型にぶち当たった時に3タテされる恐れがある
だが、すばやさはそれほど早く無いうえに一つしか技が出せないのでそれほど怖くはない
耐久型でも回復が間に合うならばむしろ積めるいいカモとなってくれる

スカーフ型
対コジョンドのさきどりに対する型
ラティなどで挑むと返りうちにあうこともしばしば
パルシェンでも調整して遅くしていれば返りうちにあってしまう
だが、鉢巻型より火力がなく鉢巻型と同じデメリットがあるため耐久がある程度あるやつらならばそれほど怖くはないであろう




厨ポケの1つ
ガブリアスよりも少し遅いが、攻撃と特攻が高い
耐久面もそこそこあり、特性いかくのおかげでガブリアスとタイマンで勝つこともしばしばある
技構成とタイプ的の相性的に主に特殊型で使われるか両刀(攻撃型と特殊型)を使ってくるトレーナーが多い
持ち物で多いのはスカーフ、いのちのたま
稀なのはヤチェ、タスキ、鉢巻
特殊型
大概大文字、ハイドロ、りゅうせいぐん、ねっぷう、の4つのうち2つは覚えさせられている
なかなか火力が高いので、ナットレイ、ユキノオーなどは落ちてしまう
両刀型
大概、じしん、げきりん、りゅうせいぐん、だいもんじ、ハイドロ、ドラゴンダイブ(重力で用いられやすい)辺りがメジャー
火力は低めだが、弱点が突かれやすい+ハピナス、ハガネールのような片寄った耐久を持っているポケモンは突破されやすい

両方とも対策としてはマンムーのこだわり鉢巻こおりのつぶて(マンダが耐久無振りの場合)、ラティのりゅうせいぐん、サンダース等のめざパ氷等がいいです。つまり氷、ドラゴンの特殊技が安定しています
岩タイプなどは威嚇さえされていなければそれでもいけます



厨・・・・に入りそうだが強ポケの1つ

主にりゅうまい型とスカーフ型がある
ドラゴンタイプにおいて最高の攻撃力(なはず)を持ち、すばやさも97族となかなか高い
しかし、耐久は低いので先手を取れれば意外とあっさりたおせたりするが、逆に取られると大概はやられてしまうため注意
特にりゅうまいとスカーフを読み間違えると大変なことになる
例えば、アタッカーの時にりゅうまい型と判断してつっこむと、スカーフ型で返りうちにあうなどがあげられる
耐久型でも、りゅうまい型は攻撃も素早さもあげられてしまうので、あまり楽観視できない
対策としては、もし自分が早いアタッカーを使って出してきたとき(最後の1体の時を除く)はスカーフ型、自分が耐久型を使っていて出してきたときはりゅうまい型であるので、りゅうまい型はアンコールや防御があがる積み技、カウンター持ちに交代などをするといい
スカーフ型の時には、ガブリアスよりすこし火力が高い程度なので、メタグロス、ジバコイルなどの堅いポケモンでげきりんを受けると良い
読まれてじしんを打たれた場合はどんまいです・・・・・




素早さが98と微妙に高く、オノノクスと1の差で素早さを勝ってしまう
攻撃、とくこうが高く、物理型、特殊型の2つに分類される

物理型
スカーフもちはあまりいない。とりあえず技構成はげきりん、じしん、かみくだくの3つが高確率で入っている。それほど怖い型ではないので舐めてかからなければ特殊型と同じようにやれば勝てる。ただし、ハピナスなど物理耐久がそれほど高くないポケモンを出すときには注意したほうがよい

特殊型
スカーフもちがかなり多い、メガネとタスキと命の珠と稀に白いハーブもちもいる。技構成はだいもんじ、あくのはどう、りゅうせいぐん、りゅうのはどう、なみのり、かえんほうしゃ、きあいだま、こちらが不利な時のためにとんぼがえり が主に入っている。
正直いってかなりバランスがよい技構成なので受けにも限界がみえるときがある
対策としては同じスカーフ型で対抗するかもしくはタスキせんせい技で倒すのが無難
なおハピナスで大概止まるのでそれでもよいかもしれないが、めがね、命の珠は威力がやばいので受けにいく時は注意すること



夢特性により、再び厨ポケに返り咲いたポケモン
耐久にある程度振られていると、特性によりHPマックスならばマンムーのつぶてさえ耐えられてしまう
流れ的には、
自分の攻撃!→カイリュー耐えて攻撃!→カイリューのしんそく!のながれでほとんどのモンスターは倒されてしまう
しかも攻撃の種族値もかなり高く、この2回の攻撃で大概やられてしまう
対策としてはすなあらし、あられ中に最初まもるをしてダメージを与えてから攻撃するか、しんそくやフェイントなどのカイリューより速いやつらで強引に突破するのが妥当
また、ねこだまし→氷技もうまい(せいしんりょくならお疲れさまでした)
稀にゴツゴツメットに攻撃して氷技を受けてお陀仏になってくれるカイリューもいるのでそれはおいしい
とにかくHPが満タンな状況はまずいので減らしてから倒すことを想定して行動するとよい


攻撃が高いポケモン
厨ポケと言われているが、個人的にはもう強ポケといってもいいかもしれない
こだわり鉢巻、ジュエル、半減の実のどれかがよく持たせられている
技構成としては、とんぼがえり、むしくい、バレットパンチ、アクロバット、ダブルアタック、つるぎのまい、ばかぢから
特にバレットパンチが多い
こだわり鉢巻をもたせることでハッサムの攻撃がかなり高くなります。必ず優先度+1で攻撃してくるのでラティ辺りは落ちてしまうので注意
しかし、パレットパンチ以外使えない=水、炎でとめれられるので交代して攻撃するのが無難
つるぎのまい型の場合は積んでからバレパンもしくはばかぢからを使ってくることがおおい
両方とも対策としては炎で止まるので必ず炎ポケモンをいれることを推奨する
ただし極端に防御が低いポケモンはNG
それほどもう炎ポケモンをいれておけば怖くはない存在なのでPTにいれておこう


トゲキッス
厨ポケの1つ
はりきり型(攻撃型)と天の恵み型(特殊型)の2パターンがある。ちなみに後者がほとんどの場合の型である
はりきり型について
この型はしんそくを主砲とする型
基本H,Aに極振り
大概もちものはこだわり鉢巻であり、命中は80%になっている
ぶっちゃけ出されると素早さだけで耐久の無いPT、タスキ前提のポケモン、ゴーストや岩、鋼などがいないPTは全部攻撃を当てられるだけで殲滅される危険がある
PT内に鋼や岩やゴースト等のノーマルタイプに耐性のあるタイプをいれておけば、それだけで対策になるのでいれておくこと

天の恵み型
ぶっちゃけ運が必要な型(だが戦略的にはかなりうざい確立で動けなくなる)
場合によってはずっとトゲキッスのターン!となるうざい型
おもに技構成はでんじは、エアスラ、天使のキッス、はどうだんのどれかがほとんどの確率で入っている
努力値の振られ方は防御系に振ったり、むしろスカーフで抜く+火力のために素早さや特攻にも振られたりいったん対峙しないとわからない
なお対策としては地面タイプやせいしんりょくが無難だが、いない場合はキッスより速いラム持ちのポケモンを出すといい

どっちの型がでるかわかりにくいが、ゴーストと鋼をPTに入れている状態で出てきたらほとんどの場合後者と思おう



厨ポケの1匹
高いHPと特防があり、特攻も決して低くは無い
防御系の技に非常に弱いことからB全振りは確定しているため、残りをC、Dに全振りするかしか振り方はない
型としては大きく分けて耐久型と特殊型にわかれる
ちなみに確定技は高いHPを生かした「たまごうみ」はほぼ確実に覚えているとみて間違いはない

  • 耐久型について
どくどく、ちいさくなるを使ったいやらしい型とめいそうで積んでから相手を一掃する型がある
どちらも大概しぜんかいふくでどくどくをしても交換されるのが落ち
対策としては相手の交換際を狙うか、強い物理攻撃で攻めるしかない
ただし、物理型で気をつけないといけないことはカウンターがあること!
また、ステイルロックなどの補助技も豊富で居座らせると非常に厄介
特殊系の攻撃は眼鏡などをもたせたり、積んだりしないと突破は限りなく不可能に近い
ちなみに攻撃技としてはだいもんじ、れいびーなどが多い

  • 特殊型について
めいそうを覚えてることもあるが、だいもんじ、10万、れいびー、カウンター、みがわりなどを使う
3つのタイプだけでだいぶ弱点をつけるのでミロカロスのような耐久型のポケモンで挑むとドロドロ試合になる
いずれにしても、耐久型と似たような対策を取らざるを得ない
ちなみに攻撃120以上の格闘タイプのインファイトでほぼ確実に落とせるはずなのでカウンターを怖がらず1撃で倒すことを考えてもいいかもしれない


ミロカロス
厨にはいりそうだがなぜか強ポケ
HP、B、Dが高めなので耐久面にかなり期待されているポケモン
何気にCも高めでタイプ一致のなみのりが強い、なおガブリアスなどはこのポケモンのれいとうビームのいいカモにされやすい
耐久面が高いとはいえ、タイプ一致の電気、草の弱点をつかれるともろい
ぶっちゃけアンコール持ちもかなり対策にはいる
また、どくどくなどをすると効果的に潰せる
しかし、まひ等の状態異常は相手の防御力をあげてしまうので物理型が控えにいる場合は注意して状態異常にすること


ゴウカザル
厨にはいりそうだが強ポケ
A、C、Sがかなり高めなポケモン
あのガブリアスでさえめざパ氷でヤチェをもってなければ1確してしまう
フレアドライブ、草むすび、めざパ氷、大文字、インファイト、マッハパンチ、しんくうは、とんぼがえり、ストーンエッジ、じしん等々使える技が豊富で技はなかなか読めない
しかし耐久面ではかなりもろく弱点をつくだけであっさり倒れたりする
もちものはきあいのたすき、いのちのたま、スカーフが代表的でいのちのたまが大体4割~5割(ランダムバトルレーティングにて20匹くらいで調べた)ほど占めている
このポケモンよりはやい、もしくはこのポケモンより遅くてもスカーフもちのポケモンを用意すると簡単に倒すことができる

シャンデラ
新しく出てきたおそらく厨ポケにはいる1匹
ゴースト、ほのおと何気にタイプ相性は普通
だ!が!このポケモンはCの種族値が140という化物、それで中途半端に遅ければまだいいのだがSは80族とかなり高め
スカーフをつければスカーフを付けていないポケモンと積んでいないポケモンはすべて抜ける
だいもんじ、オーバーヒートをぶっぱなすだけで等倍以上のポケモンは大概落ちてしまう
ちなみにミロカロス等でもエナジーボールという草技を覚えるのでなかなか受けきれない
対策としては眼鏡さえ持っていなければハピナス等のとくぼうがとても高いポケモンで対処するか、はやいポケモンをだすかアクアジェットなどで先制を取るか、こだわりを逆手にとってもらいびで受けるかなどがあげられる



























































以下伝説