「カイロ市内」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

カイロ市内」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 【[[<<DIOの館>DIOの館]]】:カイロ市内:【[[To Be Continued…?>>>日本]]】
 ----
 #contents
 ----
 *イベント
 -ルート分岐
 &color(red){『追う』ルート}と&color(blue){『逃げる』ルート}に分岐。
 承太郎ルートならどちらか選ぶことが出来るが、
 ポルナレフルートなら強制的に&color(red){『追う』ルート}、
 その他のルートなら強制的に&color(blue){『逃げる』ルート}になる。
 仗助ルートはDIO戦と最終決戦の内容が大きく変化する。
 
 -DIOの世界
 DIOとの戦闘は、状況・回数がルートや仲間との友好度で大きく変化する。
 #region
 1戦目:承太郎が戦闘。
 &color(blue){『逃げる』ルート}なら主人公が、花京院ルートならさらに花京院が参戦する。
 花京院ルート以外なら負けてもゲームオーバーにはならず、逃走も可能。
 &bold(){(花京院ルートの場合、これが最初で最後のDIO戦)}
 裏ジョセフルートの場合は特殊な展開へ。
 
 2戦目:選択肢「真っ向から立ち向かう」「逃げる」のうち
 「真っ向から立ち向かう」を選ぶと承太郎一人で戦闘。
 DIOは投げナイフを使う最強状態で非常に手ごわい。
 &bold(){負けるとゲームオーバー。逃走不可。}
 「逃げる」を選べば、この戦闘は発生しない。
 
 3戦目:&color(red){『追う』ルート}だと、主人公とポルナレフの二人で戦闘、必ず先制攻撃。
 DIOは2戦目と同じく最強状態で手ごわい。
 負けてもゲームオーバーにはならないが、逃走不可。
 &bold(){ポルナレフルートの場合、ポルナレフと共闘してDIOを倒す唯一のチャンス。}
 &color(blue){『逃げる』ルート}だと発生しない。
 
 4戦目:&bold(){ジョセフ、アヴドゥル、イギールートでの最終戦。}その他のルートなら発生しない。
 主人公と承太郎の二人に、アヴドゥルかイギーのルートならそのキャラも参戦。
 負けられないし逃げられないが、DIOはかなり弱体化しているので勝機は十分。
 
 最終ラウンド:承太郎とDIOの一騎打ち。
 DIOは最高にハイな状態で攻撃力は非常に高いが、時止めを使わずザ・ワールドも居ないので戦いやすい。
 &bold(){承太郎ルート・ポルナレフルートでの最終戦。}
 &bold(){負けるとゲームオーバー}だが、ここでも逃げることが可能。
 逃げると原作再現イベントになる。
 
 承太郎ルート・ポルナレフルートの場合は、&bold(){DIOを直接倒さなくてもDIO戦をクリアできる}ということになる。
 #endregion
 
 -上院議員の意地
 条件:パーティーの友好度の合計値が40以上、DIOから『逃げる』ルートでキングクリムゾンでスキップしない。
 DIO「関係ない 行け」の後に選択肢が現れるので断ると戦闘になる。
 勝つと隠しEDだが、開発室には行けない。
 
 -100年続いた因縁
 条件:シュトロハイム、スピードワゴン、ダイアーを救助した上でジョセフの友好度が一番
 DIOにより殺されそうになったジョセフのもとに、懐かしい声が響く…
 
 -誘導弾?
-条件:「カイロでホル・ホースを『説得』している」「&color(blue){逃げるルート}」「花京院ルートか裏ジョセフルート&bold(){でない}」
+条件:「カイロでホル・ホースを『説得』している」「&color(blue){逃げるルート}」
 DIOとの1戦目に限り、毎ターン稀にイベントが発生する。
-条件を言い換えると、&bold(){「主人公・承太郎だけでDIO1戦目に突入する」こと}。
-(主人公の危機に際してギリギリまで迷った挙句の行動…ということか)
 このイベントの発生は、19個目のEDへの条件のうちの一つになっている。
 
 #region(仗助ルート)
 -ポルナレフの機転
 仗助ルートでのDIO戦は大きく内容が異なる。
 一戦目はイベントバトルで、DIOが時を止めた時点で終了。
 その後、仗助・承太郎・ジョセフ・ポルナレフの4人で戦闘開始。ポルナレフは「剣無し」という特殊な状態異常になっている。
 味方の人数が多いので、DIO戦としては非常に難易度が低い。
 #endregion
 
  最後の戦い
 DIO戦後、パーティーの友好度の合計値が30以上の場合は最後の戦いに進む。
 ラジオでの準備とセーブが出来るが、準備次第では詰みかねないのでセーブは慎重に行おう。
 #region
 -運命の黒幕
 主人公一人でヴィンズと戦闘。
 これまでのような「逃げる」や「考える」が通用しないガチの戦闘である。
 主人公のレベルが40未満だと、途中でバーリンとアリシアが順に加勢してくれる。
 
 -敗北者達
 最後の戦いで負けると神の間に強制送還され、外に出ようとしても出られなくなる。
 中では今まで物語で死んだキャラや関係者達がうろついていて話を聞く事ができる。
 基本的に幽霊屋敷の幽霊の集会所と同じだがこのタイミングで来ないと話を聞けないキャラもいる。
 また一部のキャラも話の内容が変わるので一度は見てみるのもいいかもしれない。
 主人公も幽霊になってしまっているので戦闘はできない。水晶球を調べたときの効果音も変化している。
 右上の死者専用の出口から出るとタイトル画面に戻る。
 
 #region(仗助ルート)
 -運命の選択
 ヴィンズからとある選択を迫られる。
 意見に従うと、戦闘すら無しにバッドエンド直行。
 意見を拒否すると、仗助と承太郎二人で戦闘。こちらは二人なので、他のルートより格段にラク。
 #endregion
 #endregion
 ----
 *敵データ
 |''名称''|''HP''|''経験値''|''お金''|''ドロップアイテム''|''備考''|
 |BGCOLOR(yellow):&bold(){BOSS} DIO|4000~|5000|9999|(勝者の証)|皆さんご存知最強のスタンド使い。&br()DIO本人の攻撃力も結構高いが&br()ザ・ワールドの一撃は洒落にならないくらい強い。&br()投げナイフで出血多量にされ、無駄無駄で吹っ飛ばされる。&br()回復しようとして時を止められフルボッコ・・・とならないように常にHPに注意しよう。&br() ここでは友好度によってパートナーが変化する。&br()きちんとそのキャラクターのレベルも上げておかないとえらい目にあうので注意。&br()戦うタイミングによって攻撃方法なども変わり、HPは毎ターン自動回復する。&br()しかも自動回復は時止め中も有効。&br()イベント次第では初期HPが低下したり強力な援軍が来たりするので撃破が容易になる。&br()また、波紋や紫外線に弱い。|
 |BGCOLOR(yellow):&bold(){BOSS} ザ・ワールド|~|5000|9999|勝者の証|~|
 |ナイフ|10|10|10|ダイヤモンドC|DIOが時間停止した直後に4組投げてくる。当然、DIOが店からナイフを手に入れた後のみ。|
 
 
 #region
 |''名称''|''HP''|''経験値''|''お金''|''ドロップアイテム''|''備考''|
 |BGCOLOR(deeppink):&bold(){BOSS} ヴィンズ&br()(スタンド:ハノイ・ロックス)|3000~|2000|4500|クレイジーDX&br()ジャイロの鉄球|このゲームの黒幕でありラスボスの吸血鬼。&br()DIOと比べれば大して強くはないが、それでも1対1なので要注意。&br()スタンドの放つ強力な居合い切りと暗闇攻撃で回復を余儀なくされている間に&br()本体による吸血攻撃でじりじりとHPを削られていく。&br()きちんと主人公を育ててないとここでクリア不可能になる。&br()ほとんどの状態異常が通用するのでどうしても勝てないという場合&br()カイロの薬売りから劇薬を購入してみよう。&br()彼女も吸血鬼なので当然波紋に特に弱い。&br()「距離をとる」だと殆どの攻撃を半減できるのでオススメ|
 #endregion
 ----
 *コメント
 >古いコメントは[[過去ログ>カイロ市内/コメントログ]]に格納されます。
 #pcomment(20,カイロ市内/コメントログ)
 ----