※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラ名 陰帆 天州(かげほ てんしゅう)
■性別 男
■持ち物 代えのワイシャツ

■ステータス(合計12まで)
攻撃力:1
防御力:3
反応:5
精神:3

■能力 発動率85%
「抽象的性交法」
効果:シチュエーションボーナス -10%
対象:このターン、最初にこのキャラクターに調教を仕掛けてきたキャラクター
時間:今回の調教時のみ
発動タイミング:調教パート開始時

毎ターン調教パート開始時に発動。
このターン、このキャラクターに対し仕掛けられた最初の調教のシチュエーションボーナスを -10%する。
GKが「このプレイはプレイ内容省略されたらもっと効果おちるだろー」とか「やー、これはプレイ内容無くても変わんないね、きもちいもん」
と思ったらシチュエーションボーナス減少値を変化させてもよいが、めんどくさければしなくてもよい。

能力原理:
仕掛けられた性行為を極限まで抽象化し「定量的快感」と「生殖」という結果以外をすべて無にする能力。
彼は以前から、たかが「快感」と「生殖」のためだけに果てしないリソースを費やすことが愚行としか思っていなかった。
どのような変態プレイにも最終的には「よりつよい快感を得る」「子孫を残す」以上の目的は無く、より効率的に等量の快感を得られるなら時間をかける価値はないからである。
その思想が深化した結果得たのがこの「如何なるプレイも抽象化し、得られる快感と生殖行為以外の無駄な部分を省く」能力を得たのである。

具体的には、どんな変態プレイでも彼に仕掛けた瞬間プレイの結果得られる快感と生殖的な意味を残して無となり。
仕掛けた側とこのキャラクターが賢者モードになったり頬を上気させたりするだけで終了する。
そのためいかな変態プレイも「気持ちいいセックス」以上の意味を持たなくなるが「凄い快感を得るプレイ」とかの快感は普通に受けるのであんまり意味がない。

また、ノーマルなのでそんな連鎖的な性行為を想定しておらず、二人目以降には対応できない。

■キャラクター設定

セックスとか醜い上時間の無駄!と思ってる男の子。眼鏡男子。
萎が復活すれば世界中の人がセックスに時間を割かなくなり、他の有意義な行動のため費やす時間が増えてより良い世界になると思っている。
セックスの無様さと費用対効果に疑問をもっているだけで、別に異性に興味がないわけではない。