※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

復活の大妖怪「萎」【BOSS】



■キャラ名 復活の大妖怪「萎」
■性別 無性
■持ち物 なし

■ステータス
攻撃力:5 防御力:7 反応:5 精神:3 妖力:500



特殊能力1 『ラッラメエ! 妖気出チャウ!』  発動率100%


このキャラクターは、1度調教が成功しただけでは退場しない。
特別なステータス値「妖力」を持ち、これが0になった時退場となる。
「妖力」は、萎への調教判定が成功した場合、その時の成功率の数値だけ減少する。

その際、SPは成功させた全員が一律50ずつ得ることができるが、
最後に妖力をゼロにしてとどめを刺したプレイヤーは、ボーナスとして追加で20Pを得る。

萎はその妖気をまとっている限り、完全に屈することはない。
調教が一定成功しても、妖気が弱まるだけである。逆に、その妖気が尽きた時こそ、
完全に屈服させるチャンスなのだ。



特殊能力2 『オッキイノハ、オ好キ?』  発動率100%


図体がバカでかいので、存在するマスの隣接1マスから調教を受けるし、
逆にそれらのマスへの反撃も可能である。
また、隣接1マス以内に対して発動した能力の対象にもなる。



キャラクター設定


封印されし古の大妖怪。その姿は蛍光ホワイトの巨大触手だ。
発する妖気に触れるとEDや不感症などの症状を引き起こすが、
それは「性癖、性欲をレイプする」萎自身の性癖による結果である。

元々は、千年前の時代を生きていた、一体の触手にすぎなかった。
名を姦崎 萎(かんざき なえる)。なんと彼は……触手でありながら、生まれながらにEDだった。
あまりにか細く弱々しいその触手は、すぐに一族からも見放され、屈辱的な名を与えられ捨てられたのである。

当然すぐに彼は恨みを抱いたが、彼の恨みは姦崎一族だけに向けられず、「性癖」全てに向けられた。
もてはやされるのは性能力を持った奴ばかり。そんな世の全てを呪った結果――
まだ性器としての仕組みを微弱ながら残していた彼の触手は性機能を完全に失い。
代わりに妖怪として転生し、巨大化し、妖気によりついにレイプ手段も得たのである。

したら、速攻レイプ狂いになっちゃった。世を呪うとかは今はとりあえずいいや。
レイプ大好き!
ただし、もともとの性格がいじめられっ子気質なので、若干気が弱い。

【レイプレイプ! ウハハ、タマラン! ……エ、ア、掃除ノ邪魔デシタカ、
ゴメンナサイ、アッチデヤリマス……】