※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名 大棟哀(おおむね あい)

■性別 女
■持ち物 文学小説の入った鞄
■ステータス
攻撃力:5 防御力:2 反応:3 精神:2

■能力『バストボム』 発動率90%
女性の胸を爆弾に変える能力。能力の対象となった女性を調教しようとした時、胸が爆発し調教者にダメージを与える。
胸が爆発した女性は別にダメージを受けないが貧乳になる。元から貧乳のキャラには使用できない。

※GK補足
爆発したら、調教者の精神-1
対象:同マス女性風紀NPCから1名
タイミング:ターン開始時


■キャラ設定
Iカップ。
眼鏡をかけ、クラス委員長を思わせる利発そうな外見をしているが実のところアホの子である。
頭がよさそうに見えるからと読みもしないの文学小説を持ち歩いている。
胸が大きいのでよくセクハラの被害にあう。

胸をじろじろ見られる。クラスメイトに胸のことでからかわれる。
道を歩いていたら突然子供にいたずらで胸を揉まれたetc.

でも気が弱いので相手に何も言えない。

そんなことが積み重なっていくうちに
「あの人たち、みんな酷い目にあえばいいのに…」
という思いを抱き、魔人に覚醒した。

なお他人の胸を爆破することに関しては、男はみんな巨乳が好きだと思い込んでおり、
これで変態に襲われなくなるからとてもいいことをしたと思っている。(爆破された方からすると迷惑な話だが)
当然のように貧乳好きな男のことなど頭にない。

でも怖いので自分自身には決して能力を使わない