※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

埴井ホーネット



■キャラクター名 埴井ホーネット(はにい ほーねっと) 
■性別 女性
■持ち物 蜂

■ステータス[各5まで、合計12まで]
攻撃力:4 防御力:1 反応:4 精神:3



特殊能力 『アナフィラキシー・ファック』  発動率80%



己の秘所にて飼育したる蜂達を解き放ち、協力して調教する。
言うまでもなく、蜂とは花弁から蜜を集めし者であるからして、この能力は、密なる蜜、すなわち愛液を出すことのできる相手を調教する時のみ発動可能となる。
ちなみに、蜂を放出する瞬発力を高めるため、彼女は常にノーパンである。

効果:攻撃力+2
範囲・対象:自分自身
時間:調教パート中
タイミング:調教パート開始時
制約:愛液を分泌可能な者を調教対象に選択した時のみ



キャラクター設定



ミツバチなんだかスズメバチなんだか良く分からない名前の希望崎学園一年B組所属の女生徒。8月8日生まれ、B型、Bカップ。
この世で最も蜂を愛し、また蜂に愛されし存在(だと思ってる)。幼少期より蜂と共に過ごし、現在に至る。
中二の時に蜂の針によって処女を喪失しようとしてアナフィラキシーショックに陥り、苦痛とそれを上回る快楽の狭間で魔人として覚醒する。

膣内で蜂(働き蜂)を飼い、主に性のお相手や日常生活の補助、果ては戦闘まで、多岐にわたり共生している。
ちなみに働き蜂は全てメスによって構成されているため、人間の雄と交わったことのない埴井はレズプレイの経験しかない。
また、彼女の蜂を用いた戦闘は、事実上の強レズセックスと相成る(蜂たちは蜜を求めているだけなのだろうが)。

膣内の蜂は常にもぞもぞと動き埴井に永続的な快楽を供給している。
この時、ちょいちょい針が膣壁に刺さるが、彼女は毒も痛みも感じてはいない。それは魔人特有のタフさゆえか、はたまた愛ゆえか。
いずれにせよ、彼女はこの「気持ちよさ」を広く布教するため、この戦いへの参加を決意する。

「みなさあーん、それでは、あっ、はりきって、あっあんっ、まっ、まいりましょおー!」
「ブーン(草食系とかwwww)」「ブンブーン(まじ勘弁wwwwwww)」
「ひゃああっ、やっ、あん、そこっ、もおっ、あぅっ、らっ、らめえええぇぇぇぇぇぇぇぇえええええ!」