※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二幼神脣之介



■キャラクター名 二幼神脣之介(ニヨガミ シンノスケ)
■性別 男性
■持ち物 チョコエビ

■ステータス[各5まで、合計12まで]
攻撃力:5 防御力:1 反応:1 精神:5



特殊能力 『パーフェクト・エレメント』  発動率60%



『ケツだけ歌舞伎』の型から、調教した相手を『第二の口』に吸い込む。
そして受精卵の段階まで還元・純化した後、急速に発育させ『第二の口』より産み落とす。
既に調教済みの相手に、急速発育の段階でも変態性癖を促成するため、
こうして転生した者は、以後志を同じくする仲間として従うことになる。
脣之介は5歳児ゆえの戯れかこの仲間のことを『ぶりぶりえびぞう』と呼んでいるようだ。

脣之介は、胎児期間の中でも特に出産直前、最も『熟れた』段階にその価値を置いており、
彼の性癖において『出産』とは、そういった意味である種のクライマックスであるといえる。
脣之介は専ら、相手を純化し擬似的に出産を行うことで己の性癖を満足させるために
この能力を使用しているが、実際にはこの能力の本質はそこにはない。
ちなみに彼は両刀使いであるが(胎児の段階ではほとんど性別を気にしないため)、
妊婦のおねいさんに対しては実際にはその『中』の方に興味があるように、
能力を使う対象に関しては『胎児にしたとき好みかどうか』を見ている。

効果:自分の仲間にする
範囲・対象:調教成功した風紀属性NPC
時間:瞬間(単発効果として)
タイミング:調教パート終了時



キャラクター設定



伝統的魔人一族、二中神家分家の当主。5歳。ひたすらお気楽マイペースな幼稚園児。
美人の『おねいさん』に弱く、特に母性を感じさせる妊婦の『おねいさん』が好みで
産婦人科に足しげく通っている……という風に周囲からは思われているが、実は……

5歳にして既に救いようのないロリコンであり、彼のストライクゾーンは受精~十月十日まで。
産み落とされ外界の穢れに晒された時点で、子ども(胎児)の原初的純潔性は失われるため、
その後の人間は須く生ゴミ同然である、という非常に歪んだ性癖を持った原理主義的ロリコン。

その臀部に『第二の口』を持つ。
二幼神家に約三世紀ぶりに生まれた『遺伝者』であり、出生直後に脣之介の名を襲名した。
まだ5歳なので、一族伝統の芸事の腕もまだまだ未熟ではあるが、
『ケツだけ歌舞伎』に関してのみ、なぜか天賦の才を発揮する。