※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蘭崎青花



■キャラ名 蘭崎青花(らんざき せいか)
■性別 ふたなり(♀)
■持ち物 リボン

■ステータス[各5まで、合計12まで]
攻撃力:4 防御力:4 反応:1 精神:3



特殊能力 『ハクオウ』  発動率100%



自分の「体力の消耗」「疲労の蓄積」を「精液の蓄積」へ
「肉体の損傷」「肉体的苦痛」を「性的快感」へとすり替える能力。
すり替える前の疲労やダメージはなかったことになる。
このため、青花はいくら動いても疲れることがなく、どのような攻撃を受けても傷つくことはない。
まさに究極の自己防衛能力である。

強烈な一撃を受けたとすると、それによる体力の減少が精液の蓄積へとすり替えられ、肉体へのダメージは性的快感へとすり替えられる。
つまり、射精してしまう。

惜しいことに彼女は常識的人格の持ち主であるため、この能力を最大限に活用して戦うことは選ばず、できるだけ使わないで生きることにした。
ただ残念ながらこの能力、彼女の意思とは無関係に発動する。

ちなみに、「肉体の損傷」「苦痛」のほうは彼女の認識に左右される。
たとえば、髪や爪を切ったりするのは問題なくできるし、暑さ寒さなども生命身体が危険なレベルでなければ関係ない。
キーとなるのは主に「痛み」である。

【GK補足】
シチュエーション効果のみ。
タイミング「ゲーム開始時」時間永続。



キャラクター設定



17歳女子。その年齢にしては女性的な体格の持ち主。ただしふたなり。
能力の関係上まさにドM体質だと言えるが、気質の方はいたってノーマル。
と見せかけて潜在的M。
ふたなりであるという自らの体を忌避している……が、心の奥底では快感に囚われている。

余談だが、男性経験はない(女性経験もない)
が、たとえ処女を失っても事後の能力発動により処女喪失はなかったことになるだろう。
まあこの体質で恋人ができるとは思えないが。

さらに余談だが、身長159cm、スリーサイズは83・61・84、フリルをあしらった意匠が好き。