ダグラス A-20 ハヴォック / Douglas A-20 Havoc

ダグラス社が開発したDB-7を米軍が採用し、攻撃機、軽爆撃機として使用された機体で、通称は「ハヴォック」
ソ連や仏国、英国などの連合国にも輸出され、使用された。同型機のDB-7は、オーストラリア、南アフリカ、オランダ、ブラジルなどでも使用された。
イギリス連邦諸国のA-20はボストンと呼ばれた。

Aces HighにおけるA-20

AHでは、A-20Gが使用可能である。
同型機のボストンは、別機種として選択可能である。
共通アイコンは「A20」

A-20G

双発爆撃機のような外見にだまされてはいけない。
意外と機動性が高く、機首に集中した機関銃は命中率が高く油断するとあっけなくやられてしまう。
Furball(乱戦)の中で旋回しているA-20はベテランが操っていると思った方がよく、下手に近づくと返り討ちにあう。
攻撃力、命中精度の高さや防御力の高さから、基地防空戦でも多用される。
固有アイコンは「A20G」

性能諸元

翼下

No. 爆弾 爆弾 合計
1 500lb 4 2,000lb
2 250lb 4 1,000lb

爆弾倉

No. 爆弾 爆弾 合計
1 500lb 2 1,000lb
2 500lb 4 2,000lb
3 250lb 4 1,000lb


イタレリ 2637 1/48 ダグラスA-20G ハボック (タミヤ・イタレリシリーズ:38637)

Wreaking Havoc: A Year in an A-20 (Texas a&M University Military History Series)

Douglas Havoc and Boston: The DB-7/A-20 Series (Crowood Aviation Series)

A-20 Havoc in Action (Aircraft)


A-20についてのコメント

  • 意外なほど爆弾は当てにくいかも、しかし良く曲がりすぎる修正希望。 -- 名無しさん (2013-04-19 02:59:58)
名前:
コメント: