ホーカー・ハリケーン / Hawker Hurricane

イギリス空軍初の単葉戦闘機となったハリケーンは、第二次世界大戦全期間にわたって使用され続けた傑作戦闘機である。
1934年11月にRAFが提示した次期戦闘機計画に基づいて本機の開発は始まった。ホーカー社の設計士シドニー・カムは、主翼の単葉化、引込脚、密閉キャノピー等の新機軸により空気抵抗を減少させて高速性能を実現するとともに、戦争の始まりを予感して従来の複葉機と変わらない鋼管羽布張の機体構造を採用するなどして生産性にも配慮した。
原型機の初飛行は1935年11月に行われ、高速性能を示してRAFを大いに満足させた。本機は直ちに採用され1937年末には最初の量産型であるハリケーン Mk Iが実戦配備された。Mk Iは当初エンジン部以外ほとんど羽布張であったが、後に主翼を金属製に換えて強度を増した。また、プロペラも固定ピッチ式2枚プロペラから3枚プロペラに換装された。
バトル・オブ・ブリテンでは、スピットファイアが護衛戦闘機を、ハリケーンが爆撃機を集中的に狙うという役割分担により、多くの爆撃機を撃墜している。
旧式の構造が戦時における生産性を向上させ、英国未曾有の危機に戦力を確保することができたことから、バトル・オブ・ブリテン勝利におけるハリケーンの貢献は非常に大きいと言える。
また、羽布張の機体構造は、炸裂弾が炸裂せずに貫通するなどによって、致命的なダメージを受けにくいことなどのメリットもあった。
バトル・オブ・ブリテンの後は、スピットファイアの生産が軌道にのったことなどもあり、爆弾や大口径機関砲を積んで地上攻撃機として活躍した。
総生産数はおよそ14,000機であった。

Aces Highにおけるハリケーン

AHでのハリケーンは、Mk I、Mk IIC、Mk IID及びシーハリケーン(バージョン2.29で登場予定)が選択可能である。
全体的に機体は安定しており、旋回性能も高い。
中でもMk IICやシーハリケーンのイスパノ20mm機関砲4門の威力は、安定した機体の挙動と相まって弾数は少なめであるものの凶悪である。
しかし、いずれも低速機の部類に入ることと上昇力に欠けるのが大きな欠点である。
撃墜しやすいが、撃墜されやすい機体、と言える。
共通アイコンは「HURR」
+ Hurricane Mk I
+ Hurricane Mk II
+ Hurricane Mk IID
+ Sea Hurricane Mk I

性能諸元

機種 重量 燃料 武装1 武装2 武装3 増槽 爆弾 EW MW LW
Hurricane Mk I 6,532ポンド 119ガロン 8x.303ブローニングx333発
Hurricane Mk IIC 7,544ポンド 121ガロン 8x.303ブローニングx333発 12x.303ブローニングx333発 4x20mmイスパノMkIIx91発 2x500ポンド爆弾
Hurricane Mk IID 7,852ポンド 121ガロン 2x.303ブローニングx333発
2x40mmヴィッカースSx15発
Sea Hurricane 8x.303ブローニングx333発 4x20mmイスパノMkIIx91発

amazon plugin Error : amazonから商品名データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、text=(文字列)パラメーターを利用することで、商品名データを取得せず表示することができます。
世界の傑作機 No.28 ホーカー・ハリケーン (世界の傑作機 NO. 28)

The Hawker Hurricane: An Illustrated History

The Hawker Hurricane: A Comprehensive Guide for the Modeller (Modeller's Datafile)

Hawker Hurricane Mk.I-IV in Royal Air Force and Foreign Service (Aircam Aviation)


ハリケーンについてのコメント

  • 対戦車の2Dに迎撃機として有効な2型、ハリは優等生だと思います。 -- 名無しさん (2013-04-19 02:50:22)
  • 速度が遅いので戦場に到達するまでに時間がかかるのが難点ですね -- 名無しさん (2015-10-03 07:32:59)
名前:
コメント: