デ・ハヴィランド モスキート / De Havilland Mosquito

数々の精密爆撃をこなした伝説の木製双発機で、偵察機型から爆撃機型、戦闘爆撃機型など様々なバリエーションが作られ活躍しました。その活躍ぶりから「奇跡の木製機(Wooden Wonder)」という綽名を与えられました。
デ・ハヴィランド社が計画していた本機に、資源問題からRAFが着目したことから(結果的には資源不足には陥りませんでしたが、一部を家具工房などで生産できることなどから他の機体の生産への影響を減らす効果も狙っていました。)、1939年に開発が指示されました。
まず偵察爆撃機型として開発された原型機が初飛行をしたのが1940年11月です。
稀に見る高速性能と、双発機としては優れた運動性能を発揮し、空軍を満足させました。翌年9月には実戦配備され、偵察任務や精密爆撃に活躍しました。
オスロにあったゲシュタポ本部への超低高度高速侵入超精密爆撃などは現代の精密爆撃の元祖とも言え、本機の優秀さから4,000lb爆弾「クッキー」や(実戦では使用されなかったものの)反跳爆弾が搭載できるようにした機体もありました。
非常に優れた飛行性能によって、昼夜を問わず、多くの際どい任務をこなしながらも、その損害率は非常に低かったといわれています。
全型式合計6,500機余りが生産され、戦後もジェット爆撃機が登場するまで使用され続けた名機です。
愛称は「モッシー(Mossy / Mossie)」

Aces Highにおけるモスキート

Aces Highに登場するモスキートは、FB、つまり戦闘攻撃型(Fighter Bomber)とB(爆撃機型)が選択できます。
実機同様、AHにおいても空戦、地上攻撃をこなす高速万能機となっています。
燃料搭載量と弾数が多く、敵を選び、戦場を選び不利な状況からは早めに離脱するような戦術をとることにより高い戦果を期待できます。
ですが、戦況を読み誤って、いったん不利な状況下に陥ると挽回するのはきわめて難しいです。
特に、史実での高速神話も、実際には大戦後期の戦闘機には簡単に追いつかれてしまうため、過信は禁物です。
共通アイコンは「 MOSS
+ モスキート FB Mk VI(+ボタンをクリック)
+ モスキート B Mk XVI(+ボタンをクリック)

性能諸元

機種 重量 燃料 武装1 武装2 増槽 爆弾 EW MW LW
Mosquito Mk VI 22,221ポンド 543ガロン 4x20mmイスパノMkIIx150発
4x.303calブローニングx500発
4x20mmイスパノMkIIx175発
4x.303calブローニングx780発
3.5インチロケット弾x8
250ポンド爆弾
500ポンド爆弾
Mosquito Mk XVI ,ポンド ガロン


モスキート爆撃機/戦闘爆撃機部隊の戦歴 (オスプレイ軍用機シリーズ)

633爆撃隊 ラインメイデン作戦 (光人社NF文庫)

633爆撃隊―633スコードロン〈1〉 (光人社NF文庫)

Mosquito FB.VI: Airframe, Systems and RAF Wartime Usage (Aviation Guide - No Model Content)

世界の偉大な戦闘機〈7〉モスキート (1983年)


モスキートについてのコメント

  • BNZに徹すれば非常に強い、攻撃機としてはちょっと役不足かな? -- 名無しさん (2013-04-19 02:48:59)
  • イスパノ撃ち尽くした後が7.7mm機銃だけだからねぇ・・・ -- 名無しさん (2014-09-22 18:52:09)
名前:
コメント: