アブロ ランカスターIII / Avro Lancaster III

5t爆弾トールボーイによるドイツ戦艦ティルピッツの撃沈や反跳爆弾によるダム・バスターで有名な爆撃機で、更に10t爆弾グランドスラムを搭載することもできた第二次大戦屈指の爆弾等裁量を誇る傑作爆撃機です。
アブロ社はエンジンの不調に悩まされていた双発爆撃機マンチェスターの経験を踏まえ、ロールスロイスの傑作エンジン「マーリン」を4基装備する大型爆撃機の開発に着手し、1941年1月に試作機が初飛行した。同年9月には最初の量産型Mk.Iが部隊配備され翌年4月には本格的な爆撃任務に就きました。
頑丈な機体構造と安定した機体性能と相まって、最大で10tもの爆弾を搭載するランカスターは、イギリス空軍爆撃コマンドの主力として、英国の勝利に大きく貢献した機体といえます。
夜間爆撃を主な任務とした本機は、各型合計7,400機程度生産され、終戦までに60万t以上をドイツに投下しました。

戦後も胴体と主翼を延長、エンジンを強化したリンカーンに発展、このリンカーンを対潜哨戒機としてさらに発展させたシャクルトンが1991年までRAFで使用され続けました。
ランカスター自身も1960年代まで現役でした。

Aces Highにおけるランカスター

AHに登場するランカスターは、最初の量産型I型のマーリンXX・エンジンを米国パッカード社製マーリン28に変更したものです。実質的には、このIII型とI型、カナダ製のX型はほぼ同じものと考えて良いです。
AHではダムバスターで有名な反跳爆弾やトール・ボーイ、グランドスラムを搭載することはできませんが、良好な飛行特性と大きな爆弾搭載量は純粋に爆撃機として評価する場合AH随一といえます。
防御では米軍爆撃機に敵いませんが、爆弾搭載量はB-17B-24以上であり、爆撃機として最も必要な能力に優れた機体です。
共通アイコンは「 LANC
+ Lancaster III(+ボタンをクリック)


アブロ・ランカスター爆撃機―ドイツを崩壊させた英空軍機 (光人社NF文庫)

暁の出撃 -HDリマスター版- [DVD]

ドレスデン -運命の日- [DVD]

アヴロ・ランカスター (世界の傑作機 No.170)
amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。


コメント

名前:
コメント: