中島 B5N 九七式艦上攻撃機

日本海軍からの試作指示、十試艦上攻撃機に基づいて中島飛行機の中村勝治技師が開発したのが九七式一号艦上攻撃機(二号は三菱が開発)である。
一号の初飛行は1937年(昭和12年)1月18日、同年11月16日に制式採用された。
日本軍機初となる引き込み脚、フラップ付主翼及びセミインテグラルタンクを採用している。この引き込み脚の開発に当たっては、空技廠が入手したたった1枚のヴォートV143原型機の写真を参考にしている。
翼型は糸川英夫技師が設計したNN-5である。
日本海軍における艦上攻撃機の主任務は、水平爆撃と雷撃であった。
連合軍コードネームはKate

Aces Highにおける九七式艦上攻撃機

一号のエンジン「光」を公称出力970hpの「栄」一一型に換装したのが九七式三号艦上攻撃機(制式採用は1939年12月)であり、AHでは九七式三号艦上攻撃機が使用可能である。
真珠湾攻撃における大戦果の立役者ともいえる機体である。
共通アイコンは「B5N」

九七式三号艦上攻撃機

AHではB5N2が使用可能である。
連合軍の艦上機が優秀なため、対艦・対施設攻撃に利用するには価値の無い機体である(イベント専用?)。
同じ艦攻であるTBM-3と比べ爆弾搭載量・防弾・速度では劣るが、低空低速での運動性能は勝っており、戦車へ正確な緩降下爆撃が可能である。
爆弾種類には、汎用爆弾(GP)と徹甲爆弾(AP)がある。
固有アイコンは「B5N」

性能諸元

No. 爆弾 爆弾 合計
1 250kg 3 750kg
2 800kg 1 800kg
3 800kg魚雷 1 800kg魚雷


世界の傑作機 No.32 97式艦上攻撃機 (世界の傑作機 NO. 32)

世界の傑作機 特集 中島九七式艦上攻撃機 [古書]

丸メカニック NO.18 特集 九七式艦上攻撃機 (世界軍用機解剖シリーズ)


コメント

  • 九七艦攻大好き! -- Me262#3 (2012-12-25 01:25:27)
名前:
コメント: