コンソリデーテッド B-24 リベレーター / Consolidated B-24 Liberator

B-24は第二次大戦中最も大量に製造された米軍機で、総生産数は18,000機以上といわれています。
1938年末、米陸軍航空軍はコンソリデーテッド社に対して4発重爆撃機の試作を発注しました。
開発は急ピッチで進められ、1939年12月には原型機XB-24が初飛行しました。
デイビス翼と双垂直尾翼を採用した外観はB-17とは全く異なるシルエットを持ち、B-17と並行して生産することが決定されました。
1942年春には本格的な量産型であるD型が実戦に参加、B-17と共にドイツ本土を爆撃を開始しました。
優れた航続力を活かして太平洋戦線でも活躍、米海軍も哨戒機として本機を多数採用しました。
日本軍では、本機を「コンソリ」と呼んでいました。
米重爆撃機のイコンとしてはB-17でしょうが、実質的にはB-24が米重爆撃機の主力であったといえます。

Aces HighにおけるB-24

Aces HighではB-24Jが使用可能です。
共通アイコンは「B24」
+ B-24J(+ボタンをクリック)

性能諸元

No. 爆弾 爆弾 合計
1 100lb 20 2,000lb
2 250lb 12 3,000lb
3 500lb 12 6,000lb
4 1,000lb 8 8,000lb
5 2,000lb 4 8,000lb


Flight Manual for B-24 Liberator (American flight manuals)

B-24 Liberator Bomber Pilot's Flight Manual
amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
ワイルド・ブルー

世界の傑作機 No.54 Bー24リベレーター


コメント

名前:
コメント: