キ-61 三式戦闘機「飛燕」

日本軍が大戦中唯一採用した液冷戦闘機、陸軍三式戦闘機「飛燕」である(戦闘機以外や大戦前には液冷戦闘機の採用実績がある。)。米軍コードネームは「トニー(TONY)」

エンジンはドイツのメッサーシュミットBf 109やイタリアのマッキC202と同じダイムラー・ベンツD601をライセンス生産したハ40である。液冷エンジンは正面投影面積が小さく、胴体をスマートにデザインして高速が期待できる反面、ラジエーターなどへの被弾が致命的となるため、各国においても主として陸上機に使われることが多く、艦上機へは採用されることが少なかった。

特に日本では、技術的な問題や原材料不足から液冷エンジンの信頼性、稼働率が低く、整備員も液冷に慣れていなかったためほとんどの戦闘機、爆撃機に空冷エンジンが採用されていた。しかし、スペイン内乱やヨーロッパにおけるドイツのBf 109の評判を聞いた陸軍は、DB601の国内生産を決定、昭和15年にハ40を搭載する軽戦闘機(キ61)及び重戦闘機(キ60)の開発を川崎に命じた。川崎は、既に92式や95式戦闘機、未採用のキ28などにおいて液冷エンジンの設計実績があったことも川崎が選定された理由の一つである。

設計主任の土居技師は、キ61を重戦闘機でも軽戦闘機でもない速度と運動性を兼ね備えた期待として作り上げた。先行して完成したのは重戦闘機のキ60であったが、模擬空中戦においてBf109Eを圧倒したものの陸軍二式戦闘機には及ばなかった。続いて本命のキ61が完成、予想を上回る高性能を発揮したため、キ60は中止となり、キ61のみが昭和18年(1943年)に三式戦闘機として採用された。

最初の量産型はI型で、武装の違いや改良で甲、乙、丙と区分された。また、20mm機関砲をプロペラ同調機関砲として機首に装備して同時に機首を延長、燃料タンクの見直しなどが施された機体は丁型と呼ばれた。性能向上のためにII型が開発されたが、1500馬力級のエンジンとして開発されたハ40の発展型のハ140の不調で性能が伸び悩み、さらに設計を改めたII型改ではエンジンの調子さえ良ければI型を上回る性能を発揮したものの、日本の当時の工業力にはとても手の負えるものではなく、エンジンの搭載されていない首なし機が続出した。

後に搭載エンジンを空冷に換装したものが五式戦闘機として採用され、速度はII型に比べて落ちたものの運動性能が大きく向上し、また信頼性が高かったことから戦争末期の本土防空戦に限定的ながら活躍した。

Aces Highにおける飛燕

AHに登場する飛燕は残念ながら、性能が奮わなかったキ-61丁である。
共通アイコンは「KI61」
+ Ki-61-I-KAIc 飛燕I型丁(+ボタンをクリック)

性能諸元

機種 重量 燃料 武装1 武装2 増槽 爆弾 EW MW LW
三式戦闘機 ポンド ガロン


陸軍3式戦闘機「飛燕」 (世界の傑作機 No. 17)

あゝ飛燕戦闘隊―少年飛行兵ニューギニア空戦記 (光人社NF文庫)

液冷戦闘機「飛燕」―日独合体の銀翼 (文春文庫)

戦闘機「飛燕」技術開発の戦い―日本唯一の液冷傑作機 (光人社NF文庫)

飛燕・五式戦/九九双軽 (図解・軍用機シリーズ)


コメント

  • 飛燕を語る上で小山さんの「あぁ飛燕戦闘機隊」は必読ですよ -- 名無しさん (2014-04-06 19:36:58)
  • Perk機でマウザー砲搭載とかないかね -- 名無しさん (2014-04-06 19:37:57)
名前:
コメント: