川西 N1K2-J 紫電改

第二次大戦末期に活躍した日本海軍の局地戦闘機
中翼単葉水上機であった川西の強風を陸上機「紫電」に改造し、更にそれを低翼単葉に改良したのが紫電21型、通称「紫電改」である。パイロットなどからは「J改」とも呼ばれた。
水銀を利用して、Gによって自動的にフラップが上下する自動空戦フラップによって抜群の空戦性能を誇った。
しかし、大戦末期の品質の低下により、予定されていた性能が出なかった。
日本の敗戦が決定的となった大戦末期にあって、源田司令に率いられた第343空、通称「剣」(松山)での紫電改の活躍は、当時僅かに残っていた日本海軍のエース・パイロットをかき集めて米機動部隊のF6Fを相手に伝説的な戦いを挑んだ。

Aces Highにおける紫電改

共通アイコンは「N1K」
チャットなどでは「NIKI(ニキ)」と呼ばれることが多いが、実際には紫電改はN1K2-Jであり、N1K1は別の機体(川西 強風)である。
+ 川西 N1K2-J 紫電改(+ボタンをクリック)

性能諸元



最強戦闘機紫電改

紫電・紫電改 九四水偵 (図解・軍用機シリーズ)

世界の傑作機 No.124 強風、紫電、紫電改 (世界の傑作機 NO. 124)

3DCGシリーズ(59) 紫電改 最後の闘い (双葉社スーパームック)

NHK特集 紫電改 最後の戦闘機 [DVD]


コメント

  • 無双状態 -- 名無しさん (2012-06-03 09:44:52)
  • 343! -- Me262#3 (2012-12-25 01:24:28)
  • 曲がるっからって巴ばっかだとエサになります -- 名無しさん (2013-04-15 04:00:20)
  • 20mm機関砲4門積んでるだけでも脅威なのに旋回性能もいいですからね -- 名無しさん (2014-09-22 18:58:29)
名前:
コメント: