ヤコブレフ Yak-7 / Yakovlev Yak-7

ヤコヴレフ設計局が開発したソ連空軍の主力戦闘機・練習機です。
元々は単座戦闘機のYak-1を複座練習機Yak-7UTI(命名法の変更により1940年12月にUTI-26から改名)としたものを再度戦闘機として使えるようにしたのがYak-7です。
主脚の変更に伴い車輪を大きくした事や操縦席を後方に移動したことによる重心の前方への移動などが逆に使いやすくなったため、その後Yak-7を更に改良してYak-7A、Yak-7Bが登場し、Yak-7D/DIが後のYak-9となります。

共通アイコンは「YAK7」

Aces HighにおけるYak-7

AHバージョン2.31から登場した機体で、Yak-7としては事実上最終型ともいえるYak-7Bが使用可能です。
改良型のYak-9Uがあるため、MAでは使用頻度の低い機体です。

Yak-7B


固有アイコンは「YAK7」

性能諸元



第二次大戦のソ連航空隊エース 1939‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦闘機エース)

世界の傑作機 No.138 WW2ヤコヴレフ戦闘機 (世界の傑作機 NO. 138)

Yakovlev Aircraft Since 1924 (Putnam's Russian aircraft)

Yakovlev's Piston-Engined Fighters (Red Star)

DOGFIGHT ライバル機大全


コメント

名前:
コメント: