ヴォート F4U コルセア / Vought F4U Corsair

レックス・B・バイゼル技師の生み出したコルセアは、1938年に、陸上機に匹敵する性能を持つ艦上戦闘機として開発が開始された。
1940年5月29日に初飛行したXF4U-1の開発は順調とは言えず、F4U-1として発注されたのは1941年6月30日であった。だが、同時にXF6F-1の契約も結ばれたことから、F4Uに対する不安が見られるという意見もある。
1942年後半に配備され始めた当初は、長い機首による視界の悪さや大馬力エンジンによるトルクなどから艦載機としては不適とされ、海兵隊によって陸上基地で運用されることとなる。
しかし陸上機として活躍の場を与えられたされたコルセアは、日本軍機を相手に11対1のキルレートを実現した。
性能の高さから、1945年1月、パイロットの訓練を適切に行うとして覆うことで艦上機として運用可能、と米海軍は先の決定を覆して、コルセアを艦載機として使用することになった。
朝鮮戦争でも活躍した本機は、1964年までフランス海軍で運用された。
なお、米海軍の命名規則により、チャンス・ヴォート社製のコルセアはF4U、グッドイヤー製のコルセアはFGとなる。
レシプロ機として、最後の実戦戦果を挙げた機体としても有名で、最後の戦果はサッカー戦争におけるソト大尉によるものである。

Aces Highにおけるコルセア

AHではF4U-1、-1A、-1C、-1DとF4U-4が使用可能である。
コルセアは、フラップとエアブレーキ代わりの脚を使いこなすことで、低速から高速まであらゆる速度域で圧倒的な空戦性能を誇る。
高速からの急減速により敵にオーバーシュートさせることが容易で、相手が減速に間に合ったとしても、フル・フラップ状態でのコントロールの良さから低速シザースに持ち込むことで優位に戦闘を展開できる。
また、多連装機関銃により、わずかなチャンスでも確実に命中させることが可能である。ただ、前方視界はシールドのせいで見通しが悪く、偏差射撃のやりやすさはP-51よりも劣る。
相手が離脱するにしても、自分が離脱するにしても、大馬力エンジンによって容易に戦場から離脱することができる。
共通アイコンは「F4U」
+ F4U-1(+ボタンをクリック)
+ F4U-1A(+ボタンをクリック)
+ F4U-1C(+ボタンをクリック)
+ F4U-1D(+ボタンをクリック)
+ F4U-4(+ボタンをクリック)


Vought F4u-4 Corsair Fighter Pilot's Flight Manual

Pilots Manual for F4U Corsair (American flight manuals)

第二次大戦のF4Uコルセアエース (オスプレイ軍用機シリーズ)

世界の傑作機スペシャル・エディション vol.5 ヴォートF4Uコルセア (世界の傑作機スペシャル・エディション Vol. 5)

ヴォートF4Uコルセア (エアロ・ディテール)


コメント

  • フラップ使った急加減速性能は驚異。 -- 名無しさん (2013-10-10 12:40:11)
  • それだけにこいつを落とした時は嬉しさも一入 -- 名無しさん (2013-10-11 05:39:55)
名前:
コメント: