フォッケウルフ Fw 190 / Ta 152 / Focke-Wulf Fw 190

1937年、大規模な拡張期にあったドイツ空軍は大量の戦闘機を必要としていた。主力戦闘機としてBf 109が量産されていたが、短期間で所要を満たすには不安があったため、主力戦闘機以外に新たな戦闘機を開発し、Bf 109と並行して生産することが計画された。このため、Bf 109の生産に影響を与えないようにBMW空冷エンジンを使用する戦闘機を使用することとされ、この計画に基づきフォッケウルフ社のクルト・タンク博士が開発したのがFw 190である。
本機のコンセプトは、初心者に扱いが困難なBf 109をサラブレッドと揶揄し、軍用機として求められているのは軍馬であるとして、苛酷な戦場でも、誰でもその性能が発揮できる機体を目指して開発された。煩雑なミクスチャやカウリング操作などのエンジン・コントロールは、コマンドゲレートと呼ばれる自動制御装置によって調整され、パイロットの負担を減らしていた。特にロール性能に力を入れ、第二次大戦中の戦闘機でも屈指のロール性能を誇り、敵味方から高く評価されている。防御力と火力にも優れており、翼内武装も機軸に近いので射撃が当てやすくなっている。旋回性能は平均以下であるため、基本戦術は一撃離脱となるが、横転性能が抜群であるため、シザース系からオーバーシュートを誘う機動も得意とする。
1939年6月に試作機が初飛行、1940年末から部隊配備が開始された。翌年夏には英仏海峡においてスピットファイア Mk Vを撃墜、この時英空軍に与えた影響は大きく、英空軍は急遽スピットファイア Mk IXを開発、実戦投入することとなった。
イギリスは、この新型機を入手するために、特殊部隊による強奪作戦まで計画(作戦名「エア・シーフ」)した。しかし、強奪計画実行前に、航法を誤ったFw 190が味方基地と誤ってイギリスの飛行場に着陸したことでイギリス軍は危険を冒すこと無くFw 190を入手できた。捕獲されたFw 190は徹底的に調べ上げられ、その全貌が明らかになった。
Fw 190のBMW801エンジンは低高度ではその性能を十分に発揮したが、中高高度以上になると出力が著しく低下した。このため、高高度性能を改善すべくエンジンを液冷Jumo 213エンジンに換装したのがD型である。D型は、元々空冷エンジンのFw 190Aに液冷エンジンを搭載、ラジエータを機首に円形配置したため、一見すると空冷のように見える。長い機首から「長っ鼻のドーラ」の愛称が知られている。なお、A型は「ヴュルガー」、「ブッチャー・バード」の愛称で呼ばれることがある。
元々頑丈で、Bf 109に比べるとエンジン出力や脚に余裕があったため、A型を元に装甲などを強化した戦闘爆撃機型も開発された。これがF型、G型である。
Ta 152はD型を更にリファインしたもので、ドイツ軍機の命名規則の変更から設計者のタンク博士の名前を採ってTaとなっている。
このほか、夜間戦闘機なども開発され、生産機数は各型合わせて約2万機に達し、ドイツ軍戦闘機としてはBf 109に次いで大量に生産された。

Aces HighにおけるFw 190シリーズ

AHではA-5、A-8、D-9、F-8の他Ta 152H-1が使用可能である。
共通アイコンは「190」
  1. ボタンをクリックすると各型の説明が表示されます。
+ Fw 190A-5
+ Fw 190A-8
+ Fw 190F-8
+ Fw 190D-9
+ Ta 152H-1

性能諸元

機種 重量 燃料 武装1 武装2 武装3 増槽 爆弾 EW MW LW
Fw 190A-5 8583ポンド 139ガロン 2x20mmMG-FFx60発
2x20mmMG151/20x250発
2x7.9mmMG17x900発
2x20mmMG151/20x250発
2x7.9mmMG17x900発
300ℓ 210mmWGrロケット弾x2
500kg爆弾
250kg爆弾
Fw 190A-8 9682ポンド 170ガロン 2x20mmMG151/20x140発
2x20mmMG151/20x250発
2x13mmMG131x475発
2x30mmMK108x55発
2x20mmMG151/20x250発
2x13mmMG131x475発
2x20mmMG151/20x250発
2x13mmMG131x475発
300ℓ 210mmWGrロケット弾x2
500kg爆弾
250kg爆弾
Fw 190F-8 ポンド ガロン 2x20mmMG151/20x250発
2x13mmMG131x475発
300ℓ 4x50kg爆弾
1x250kg爆弾
1x500kg爆弾
Fw 190D-9 9480ポンド 139ガロン 2x20mmMG151/20x250発
2x13mmMG131x475発
300ℓ 500kg爆弾
250kg爆弾
Ta 152H 11501ポンド 263ガロン 2x20mmMG151/20x175発
30mmMK108x90発
300ℓ

amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
Focke Wulf FW 190: From 1940-1945 (Planes and Pilots S.)

世界の傑作機 No.78 フォッケウルフFw190 (世界の傑作機 NO. 78)

フォッケウルフFw190 その開発と戦歴


Fw 190についてのコメント

  • Dora 好きです。 -- Toshizo (2012-06-05 15:54:56)
  • 戦場の「ワーク・ホース」です!アッパレ! -- Me262#3 (2012-06-05 19:38:42)
  • Ta 152のヘタレ具合に全米が泣いた -- 名無しさん (2012-06-05 23:37:07)
  • Ta152か。高空なら速度はシリーズピカイチなのだけど。 -- Me262#3 (2012-06-06 15:29:20)
  • AHじゃ高空での高速も見劣りするけどね -- 名無しさん (2014-03-31 21:06:30)
名前:
コメント: