ポリカルポフ I-16

ソ連のポリカルポフ製で当時としては先進的な低翼単葉、引き込み式脚を供えた戦闘機で、その特異な形状から、モスカ(ハエ)、ラタ(ネズミ)などど呼ばれた。
同時代に配備されていたブルドッグやHe51を凌駕する性能であった。また、いち早く20mm機関砲を装備していたことでも知られており、時代を先取りした高速重戦闘機ともいえる。特に20mm機関砲は対地攻撃でその実力を発揮した。
一方で、降着装置の上げ下げが手動で、パイロットがクランクを回して行うなど、複雑な機構は廃することで、簡素にまとめられ、極めて頑丈な構造と高い信頼性を有していた。

ソ連政府は世界各国にI-16を輸出し、第二次世界大戦前から各地で主力戦闘機として使用され実績を上げている。ノモンハン事件や日中戦争で日本軍とも戦火を交え、スペイン内乱でも共和国軍に対して提供され、ドイツ軍戦闘機と戦い活躍した。ノモンハンの戦いでは一撃離脱によって日本軍を悩ませた。当時主力戦闘機としてHe 51を使っていたドイツ・コンドル軍団は本機に対処するため急遽Bf 109を送ったともいわれる。冬戦争ではフィンランド空軍を苦しめた。
共通アイコンは「I16」

「・・・特にF-51(P-51マスタング)はよかったですね。反対に悪かったのはI-16です。こんな飛行機には2度と乗るもんかと思いましたね。」(Ki-67テスト・パイロット 酒本氏)

Aces HighにおけるI-16

他の機体と比べると機体の古さは否めなく、また、機体の安定性にもかけるため非常に扱いづらい機体である。
20mm機関砲が積める為、大戦初期の機体としては、キルが取りやすい機体ではある。
AHで唯一のオープン・トップの機体である。
固有アイコンは「I16」


世界の傑作機 No.133 ポリカルポフIー16 (世界の傑作機 NO. 133)

Polyikarpov's I-16 Fighter: Its Forerunners and Progeny (Red Star)

ソビエト航空戦―知られざる航空大国の全貌 (光人社NF文庫)


コメント

名前:
コメント: