ユンカース Ju 87 / Junkers Ju 87

急降下爆撃機スツーカ(Stuka)の代名詞とも言える機体で、ドイツ語で急降下爆撃機を意味する「Sturzkampfflugzeug」(シュトゥルツカンプフルークツォイク)の略がそのまま愛称となった機体です。
第二次大戦前、いかに精密爆撃をするかが課題となっており、ドイツも含め、各国がそれぞれ研究をしてました。そうした中で、米海軍が行ったヘルダイバーによる急降下爆撃のデモンストレーションにその可能性を見いだしたドイツは急降下爆撃を採用、専門の機体を開発することになりました。
1936年に初の急降下複葉爆撃機Hs 123が配備されましたが、近代的な急降下爆撃機についてはアラド社(Ar 81)、ハインケル社(He 118)、ブローム・ウント・フォス社(Ha 137)とユンカース社(Ju 87)に競作させることとなりました。最後まで比較審査に残ったのはHe 118とJu 87でしたが、最終的にユンカース社のJu 87が採用されました。
Ju 87は主翼が逆ガル翼(翼が中央から上方に曲がっている。)となっているのが特徴で、これにより主脚の長さを抑えると同時にパイロットの視界を確保できる利点がありました。
また、Stuvi急降下爆撃照準器を装備し、翼下面には急降下時に速度を抑えるための制動板が供えられ、急降下自動装置Sturzflug-Automatikによって自動で最適な急降下、引き起こしができました。
1937年から部隊配備されたJu 87Aは実戦での試験の意味も含めてスペイン内戦にも送られました。
対ポーランド、フランス戦では、「空飛ぶ砲兵」として電撃戦の一翼を担いドイツ軍勝利の重要な役割を担いました。しかしながら、その後のバトル・オブ・ブリテンでは、低速のためにイギリス戦闘機の格好の餌食となりました。また、低速のほかに設計の古さなどもあり、1943年以降は順次戦闘爆撃型のFw 190に取って代わられましたが、第二次大戦を通じてドイツ軍を支え続けた攻撃機と言えます。
本機の操縦者で有名な ハンス・ルーデル大佐 は、戦車519両、装甲車両800両以上の他に戦艦マラートを撃沈、敵機を9機撃墜するなど対地任務のみならず対艦、対空にも戦果をあげ、ソ連人民の敵として賞金をかけられていたほどです。
急降下爆撃機D型の派生型として、37mm砲を翼下に搭載したG型は、戦車の弱点である上部からの攻撃(トップ・アタック)を任務とする襲撃機です。

Aces HighにおけるJu 87

AHでは急降下爆撃機型D-3型と襲撃機型G-2型が使用可能です。
共通アイコンは「JU87」
+ Ju 87D-3(+をクリック)
+ Ju 87G-2(+をクリック)


急降下爆撃 (学研M文庫)

Stuka: Luftwaffe Ju 87 Dive-Bomber Units 1939-1941 (Luftwaffe Colours)

Stuka: Luftwaffe Ju 87 Dive-Bomber Units 1942-1945 (Luftwaffe Colours)

Junkers JU 87 From 1936 to 1945 (Planes and Pilot)

世界の傑作機No.152 ユンカース Ju87 スツーカ (世界の傑作機 NO. 152)


Ju 87についてのコメント

  • はやくバージョン・アップしないかな~ -- 名無しさん (2012-05-26 14:22:37)
  • http://www.hitechcreations.com/News/Announcements/ju-87-stuka-screenshots.html -- 名無しさん (2012-06-05 07:01:22)
  • DiveBomber! stuka! -- 名無しさん (2012-06-06 15:25:05)
  • やっぱり全然使ってる人いませんな -- 名無しさん (2012-08-13 11:37:46)
  • Bも出んかね?フゥワ~ンッ急降下音が欲しいところ… -- Me262#3 (2012-12-25 01:29:33)
  • 単発機で1800kg爆弾が運べるのが便利ですよ -- 名無しさん (2013-08-28 07:04:41)
名前:
コメント: