ユンカース Ju 88 / Junkers Ju 88

爆撃機、夜間戦闘機、偵察機、急降下爆撃機、地上攻撃機、雷撃機など、様々な用途に利用され、1939年から1945年までに16,000機以上が生産されたドイツ軍機である。
本機は戦闘機よりも高速な爆撃機を目指して開発され、ユモ210系V12エンジンを2基搭載して300ノット以上の高速で飛行、800kgの爆弾を積むことができた。
急降下爆撃能力の付加、防御機銃の追加などによって機体の重量は増加、戦闘機よりも高速な爆撃機には程遠いものとなった。

Aces HighにおけるJu 88

AHではJu 88A-4が使用可能である。
共通アイコンは「JU88」

Ju 88A-4

爆撃機であれば連合軍の優秀な爆撃機が揃っていること、高い機動性と3機編隊による雷撃が可能ということで、どちらかというと雷撃任務に使われることが多い・・・
爆撃機として使うにしろ、雷撃機として使うにしろ、双発爆撃機としてはかなり防御火器が貧弱なので敵戦闘機にマークされたら墜とされるのはほぼ確実である。

固有アイコンは「JU88」

性能諸元

No. 爆弾 爆弾 合計
1 50kg 20 1,000kg
2 50kg 10 500kg
3 250kg 4 1,000kg
4 250kg 2 500kg
5 500kg 4 2,000kg
6 500kg 2 1,000kg
7 F5B魚雷 2


No.165 ユンカース Ju88(パート2) (世界の傑作機)

世界の傑作機 No.163 (世界の傑作機 NO. 163)

Junkers Ju 88 (Crowood Aviation Series)

西部戦線のユンカースJu88―爆撃航空団の戦歴 (オスプレイ軍用機シリーズ)

Junkers Ju 88 and Its Variants in World War II (Schiffer Military History)


コメント

名前:
コメント: