ノースアメリカン P-51 マスタング / North American P-51 Mustang

第二次大戦によって大量の戦闘機を必要とした英国は、P-40を購入すべく米国に使節を派遣、ノースアメリカン社にP-40のライセンス生産について打診したところ、ノースアメリカン社は、P-40以上の機体を開発すると提案、英国は120日以内に試作機を完成させることを条件に320機を発注した。主任設計者のエドガー・シュミードは、117日目に試作機を完成させNA73Xと命名された。これが後の傑作戦闘機P-51の元となった機体である。
1940年10月に初飛行、英国はこれをマスタングIと名づけ採用した。
マスタングIはアリソン・エンジンを搭載しており、低高度では高速で航続距離も長かったが、中高度以上で急激に性能が落ちたため、当初対地支援などに用いられていた。米軍もこれをP-51として少数を採用したが戦闘機としての能力に失望し偵察機として用いた。その後も攻撃機に設計変更してA-36Aとして生産した。1943年春にはP-51Aが登場したが、この機体もほとんど性能向上されておらず戦闘爆撃機として使用されるなど、失敗作として本機の将来は暗かった。
ところが、マスタングIにスピットファイアなどに搭載されていたロールスロイス製マーリンエンジンを搭載すれば本来の性能を発揮できるのかと考え、実際に搭載、試験をしたところ、期待を上回る高性能を示した。イギリスはこれをマスタングIIIとして、米国もロールスロイス製マーリン・エンジンをアリソン社がライセンス生産したV-1650を搭載させ、P-51Bとして採用、こうしてマスタングは戦闘機として開花した。
B型は1943年末から実戦に投入、高い空戦能力を持つ長距離護衛機として米軍の長距離爆撃機を護衛した。
本機は他の戦闘機に比べて非常に安価でありながら、高い空戦性能と長距離航続力を持っていたことから、第二次大戦最高の戦闘機とも云われている。1万5000機以上が生産され、朝鮮戦争でもF-51として参戦している。
日本では鹵獲したP-51Cを教導に使用したが、日本軍機との性能差は歴然であった。また、180種の飛行機を操縦した伝説のパイロット、チャック・イエーガー准将が選ぶ、最も好きな機体である。

Aces HighにおけるP-51

AcesHighにおけるP-51はB型(=C型)とD型が使用可能である。
第二次大戦屈指の名機だけあって、速度、上昇力、加速、航続力等バランス良く、致命的な欠点が無い。
敢えてあげれば、液冷エンジンでかつ機関砲が無いため、対地攻撃に不向きであるということくらいだろうか?
実機と同じく燃料50%を境に機体の安定性が異なるため、50%+ドロップタンクがお薦め。
共通アイコンは「P51」
  1. をクリックすると詳細解説が見られます。
+P-51B

P-51B

AH最強機種の一つ。P-51Dとの比較ではP-51Bの方が軽量のため旋回性能、上昇力が良い。このため、D型が使えてもB型を好むプレイヤーも多い。
B型に搭載されたエンジンは、マーリン61(初期のスピットファイアMk.IXに搭載されていたエンジン)に相当するV-1650-3又はマーリン68に相当するV-1650-7であるが、D型との性能差を考慮すると、AHのP-51Bの搭載エンジンはV-1650-3と思われる。
欠点としてはP-51Dがブローニング.50機関銃を6挺搭載しているのに対して4挺しかない事である。
常に火力不足には悩まされるものの、あらゆる場面で活躍できる機体である。
高い巡航速度は戦場を選ばず、不利であれば態勢を整えてから攻撃をかけることもそのまま離脱することも貴方次第、常に主導権を取る事が可能である。
なお、量産された工場によって、P-51BとP-51Cにわけられるが、P-51BもP-51Cも機体は同じである。
固有アイコンは「P51B」
+P-51D

P-51D

パイロットからの要望によりP-51Bの視界を改善するために、ファストバックからバブルキャノピーに換えられたのがD型である。中高度以上での上昇力はP-51Bに劣るが、低高度向けエンジンV-1650-7によって、全体的なパフォーマンスは上がっている。
武装も0.50calがB型の4挺から6挺に強化されている。上昇力と機動性は落ちたが、速度、火力がアップしているため、初心者から上級者まで誰にでも扱いやすい機体である。
速度を活かした一撃離脱に徹するもよし、燃料が50%以下(後部燃料タンクが空)であれば旋回性能も高く、空戦のあらゆる場面で優位に立てる機体である。
敢えて欠点を挙げれば、液冷エンジンであることと、機関砲が装備されていないため、対爆撃機、対地攻撃には向いていないということくらいである。
固有アイコンは「P51D」

性能諸元

機種 重量 燃料 武装1 武装2 増槽 爆弾 EW MW LW
P-51B ポンド 269ガロン 2x.50cal.M2x280発
2x.50cal.M2x350発
2x75ガロン 2x100lb爆弾
2x250lb爆弾
2x500lb爆弾
P-51D ポンド 249ガロン 4x.50cal.M2x270発
2x.50cal.M2
2x.50cal.M2
2x.50cal.M2
2x75ガロン 2x100lb爆弾
2x250lb爆弾
2x500lb爆弾
2x1000lb爆弾
6x5"HVARロケット弾


P-51 Mustang Pilot's Flight Manual

図解・軍用機シリーズ (8)

第8航空軍のP‐51マスタングエース (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦闘機エース)

世界の傑作機 No.75 Pー51A,B,Cムスタング (世界の傑作機 NO. 75)

世界の傑作機 No.79 Pー51ムスタング,D型以降 (世界の傑作機 NO. 79)


P-51についてのコメント

  • 使いやすい機体ですね -- 名無しさん (2013-03-26 23:06:59)
  • ご新規さんご愛用機、怖くはないけどウザイ機体です。真っ直ぐばっか飛ぶんだもんおいつかねぇ。 -- 名無しさん (2013-04-19 02:58:57)
  • むしろ初心者はすぐエネ殺してくれるから食いやすい -- 名無しさん (2014-04-04 06:37:18)
名前:
コメント: