General Motors TBM Avenger/アヴェンジャー



1939年からグラマン社のウィリアム・T・シュウェンドラーの設計により開発、1941年8月7日に初飛行した雷撃機が米海軍TBF「アヴェンジャー(英国呼称は1944年1月まで「ターポン」)」です。
米海軍命名規則により、ジェネラル・モーターズで製造されたアベンジャーはTBMとなります。

Aces HighにおけるTBM

共通アイコンは「TBM」
+TBM-3 Avenger(+ボタンをクリック)

TBM-3

Aces Highでは、グラマン社製(会社記号FのTBF)では無く、ジェネラル・モータース製(会社記号M)のTBM-3が使用可能です。
雷撃機としては非常に扱いやすいのですが、単機で艦隊に飛び込むのは自殺行為です。
一人で雷撃をするのならば、Ju-88など3機編隊が組める爆撃機の方が撃沈確率は高くなるでしょう。
爆弾のみならず、魚雷を搭載可能です。
魚雷は、2000lbで、一撃で空母を沈めるだけの威力があります。
その他にロケット弾も搭載可能です。
後部銃座は上方と下方に1挺ずつ装備されています。
Aces High極初期から使用可能で、永らく初期の3Dモデルでしたが、Aces High IIIα版から3Dモデルが一新されました。
固有アイコンは「TBM」

兵装

Rocket Rails Bomb Bay Armament
8 x HVAR 5" Rockets 1 x 2000 lb Bomb 2 x 50 Cal M2 600 rpg
1 x 30 Cal M2 500 rpg
1 x 50 Cal M2 400 rpg
1 x 1000 lb GP Bomb
2 x 1000 lb GP Bombs
4 x 500 lb GP Bombs
12 x 100 lb GP Bombs
1 x Mk XIII Torpedo


Grumman Tbm Avenger Pilot's Flight Manual

第二次大戦のTBF/TBMアヴェンジャー 部隊と戦歴 (オスプレイ軍用機シリーズ)

世界の傑作機 No.42 TBF/TBMアベンジャー


コメント

名前:
コメント: