ザンビア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★交通手段

● ビジネスバス移動は前日予約が必要。トイレ付、飲み物軽食が出るのでおすすめ。

●ルサカ-リビングストーン間の移動

 長距離バスが日に複数本存在。2011年7月時点で120000Zkw(ザンビアクワチャ)。余談だけど、マラウイ通貨単位も同様にクワチャなので最初すごく混乱する。
バス内でお菓子と飲み物が出る。
インターシティと呼ばれる長距離バス乗り場には複数のパン屋雑貨屋等が併設されているため、そこでおやつを買うもよし。新しくて綺麗なので、待つのもそれほど苦にならない。

★感想(見どころorがっかりスポット)

●リビングストーン

 ナイトクルーズでは、食事付飲み放題で約2時間優雅に過ごすことができる。
  ゾウやワニ、かばなどの動物も見ることができ、天気がよければ、きれいな夕日を見ることもできる感動スポット。

 ジンバブエ・マーケット と呼ばれる大きなローカルマーケットがが有る。チテンゲ(カプラナ)を買うならここがおすすめ。
ここのローカル向け食堂で食べたシマがとても美味しかった。

 ミクニ・ビレッジ は大通りに面したお土産通り。The 観光客向けという感じだが、品揃えの多さが魅力的。
同じチテンゲがジンバブエ・マーケットの倍以上で売られていたりする。価格交渉には応じてくれるが、向こうも観光客慣れしてるのでなかなか手強い!

 Jolly Boys バックパッカー向けホテル。安いが清潔で、スタッフの対応も良く、お湯の出るシャワーもある。
リビングストンの滝そばではないが直通の無料バスが出ているので、観光に便利。

★その他

●ザンビアSIMカード(約150クワチャ)を買えば、そのままマラウイでも使える。

ザンビアの国境の町チパタで作っているチレンゲ(カプラナ)製品。協力隊隊員が配属されている工房で作られていて、クオリティもなかなかです。
財布、バッグ、ブックカバーなど様々な商品がある。そこの街だけではなく、ザンビアとマラウィの隊員ドミトリーでも販売されている。