※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウルザ=プラナアイス



【人称】
一人称→「」
二人称基本→「」

【関連人物への呼称】


【能力】
元々は、文武両道で決断力にも優れ、前向きな性格であったが、
ある事件がきっかけで家族や仲間を失い自信を無くし、更に自らの足も負傷する。
その影響でランスと出会った当初は車椅子に乗り、何事にも悲観的な性格に変わってしまっていた。
それでも、「2級市民達を今の境遇から救いたい」と思っており、アイスフレームのリーダーとして活動していたが、
参謀兼主治医のダニエルに頼り気味で、既に怪我から完治したはずの足も動かせないでいた。
後に、アベルトがランスをスカウトしてきた際にグリーン隊の隊長として迎え入れた。
しかし。かなりの美貌を持っていたことが不幸となり、ランスに夜這いをかけられるが、
仲間の安全を優先し抵抗せずに自らの境遇を素直に受け入れ、処女を奪われる。
その後は、ランスの指示を素直に聞き、彼の言うとおりの過激な活動をアイスフレームの部下たち指示した。
その影響で魔軍からの進軍を防ぐマジノラインに損害を与えた為、ゼスは魔軍の侵攻を許してしまう結果となった。
魔軍の侵攻を受けた際、アイスフレームの隠れ家にも被害が及び、これまで自分を支えてくれていたダニエルも失ってしまい、
「自身の甘さが彼を殺してしまった」と自分を責めるが、彼の想いに報いる為、再び戦うことを決意した。
それにより、今まで動かなかった足も再び歩くことが出来るようになり、残された孤児院の子供達を、
正確無比なボウガンの腕と小型剣を巧みに操り、魔物を撃破し危機を救った。戦線に復帰した彼女は、
別人のような印象となり、前向きな性格に再び戻り、受身的だったランスとの関係も改めた(素直に抱かれることはなくなった)。
ゼス解放作戦時には、ガンジーに協力し、2級市民の代表として前線で活躍し、
その時の功績が評価され、ゼス再建時に新たな四天王として迎え入れられた。
『6』の後日談である『ランス6その後』で千鶴子やパパイヤと一緒に買い物する姿が見られ、
いい友人関係を築いているが、千鶴子の服のセンスだけは彼女も口を濁している。

添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー