ROS-pkgs


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


#nofollow #norelated
Package内部に存在するファイル、フォルダについての説明。


Package [#e2a5beb2]


CMakeList.txt [#w96b6d61]


Makefileに代わりリンクのことを色々やってくれる。以下は主な関数。

rosbuild_genmsg() [#c172b238]


msgを利用するときはコメントを外す。

rosbuild_gensrv() [#i4b5e479]


srvを利用するときはコメントを外す。

rosbuild_add_executable() [#e0c6b537]


rosbuild_add_executable(exe src1 src2 ...)
src1,src2...からNode(exeファイル)を生成する。
デフォルトではexeはbinフォルダに生成される。

exe:実行ファイル名 ※ただし「test」という名前以外にする。
src1,src2...:実行ファイルを生成するために必要なソースファイル   (例)listener.cpp,talker.cppなど

[#t9c1bf8c]




Makefile [#g62266de]


Manifest.xmlはそのパッケージの簡単な説明と、依存関係を記すファイル。

ファイルの上部にはこのパッケージについての説明を記入し、

下部には依存ファイル(このパッケージが必要とするパッケージの事)を記入する。

bin [#be9c1691]


他人への頒布、共有をするための単位をstackと呼ぶ。

そのため、作成するシステムはstack内部で完結しているのが望ましい。

先に述べたpkgを内部に多数含む。

そのためstackはpkgよりも大きな機能を持っている。

スタック例)ナビゲーションstack、マニピュレーションstackなど



build [#e65e5b91]


include [#qb1998f3]


Node間でデータをやりとりするための機能。

データの型を決めてNode間を通信する。ROS既存のデータ型にはstd_msgs,common_msgs,nav_msgsなどがある。



launch [#peb72d78]


lib [#l5af851b]


mainpage.dox [#l9b1ac01]


manifest.xml [#jfed77ae]


src [#kc2fb876]





COLOR(#333399){Author:14th stanaka}
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。