日本SF大賞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本SF大賞


2011年12月5日月曜日
☆本日の雑想☆

今年は五作品がノミネートされた、第32回日本SF大賞、最終候補作品群。
『華竜の宮』上田早夕里
『希望』瀬名秀明
『近代日本奇想小説史 明治篇』横田順彌
『ダイナミックフィギュア』三島浩司
『魔法少女まどか☆マギカ』毎日放送

いよいよ審査は11日に近づき、ちょっと緊張気味。
実は、冲方も審査員なのである。『マルドゥック』が受賞したのは第24回なので、8年も経つと恩恵を受けるばかりでなく、しっかり責任を取らされるという次第。
とはいえ、素晴らしい力作にふれるのは至福のひとときでありました。が、、、ここで、内容とまったく関係ないところで非常にしんどい思いをしたのが、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』。
というのも「白箱」で送られてきたのが辛かったのです。

白箱とは、放映時の映像データを焼いたDVDのこと。スキップ不能・スポンサー用キャプション入り・CM用空白あり。正直、VHSテープ一本に6時間ダビングしてもらったほうが、よっぽど見やすい。
これがスタジオから送られてきたのならまだしも、いまどき、なぜ、メーカーが白箱を送ってくるのか意味が分からない。
DVD製品の見本では、なぜいけないのか。まさかケチったのか。

白箱で審査がしにくい理由は、主に2つ。
1つは、白箱では早送りと巻き戻ししかできないのだから、複数のシーンを確認するのがものすごく面倒くさい。審査員は別に、作品を鑑賞したいわけではない。あらゆる角度から検討する必要がある。一つのシーンの妥当性を評価するため、それ以前のシーンを逐一確認せねばならない。
批評の仕方は人それぞれで、中には一読して残った印象が全てという人もいる。自分の記憶で語るタイプだ。記憶と作品内容が食い違っても、「そういう印象を生んだ作品」ということが批評原理となる。そういう人にとっては、白箱もDVDも関係がない。

(中略)

ただ、この作品を作った監督・スタッフ陣の気持ちはどうなのだろう。別段、製品版を見てもらいたいとは思わないのだろうか。
もし思う者が一人でもいるなら、「白箱」を送付することは、尽力したスタッフに対し、いささか不誠実だったのではなかろうか。
そう、手前勝手ながら、思うのである。

2011年12月6日火曜日
☆本日のお話☆

(゜Д、゜)ウブカタ「よし珍しく今日はパパが絵本を読んであげよう」
(・ω・)マイサン「えー、めずらしすぎるー。読まないで、パパ」
(゜Д、゜)オヤバカ「ははは、素直なやつだなあ。さてさて、シンデレラは……」
(・ω・)「ちがうの、マイサンがパパに読んであげるの」
(゜Д、゜)「なんと……。知らないうちにマイサンは成長するものよ。それではぜひパパに絵本を読んで聞かせてくれたまえ」
(・ω・)「えっとね、し・ん・で・れ・らは、みんなの前で、おならをしました!」
(゜Д、゜)「大胆不敵なシンデレラだね」
(・ω・)「ままははは、しんでれらをころすことにしました」
(゜Д、゜)「放屁罪だねマイサン」
(・ω・)「ままははは、まほうのかがみに、言いました。もしもし、かりゅうどは、どこですか」
(゜Д、゜)「携帯電話みたいなまほうのかがみだね」
(・ω・)「ママハハは、かりゅうどに、しんでれらをころせと言いました」
(゜Д、゜)「合ってるよマイサン、合ってるよ」
(・ω・)「かりゅうどは、しんでれらを、森につれていきました」
(゜Д、゜)「うむうむ」
(・ω・)「かりゅうどは、しんでれらを、ころしました」
Σ゜( Д、゜)「実行!?」
(・ω・)「しんでれらは、しにました」
(゜Д、゜)「主人公不在!」
(・ω・)「かりゅうどは、しんでれらが、すきでした」
(゜Д、゜)ドキドキ「いきなりドラマチック!」
(・ω・)「かりゅうどは、しんでれらになりました」
Σ(゜Д、゜)「なにぃ!?」
(・ω・)「しんでれらは、こびとさんたちの、お家にいきました」
(゜Д、゜)「しんでれら=かりゅうど!? なんと斬新な!」
(・ω・)「しんでれらが、おそうじをしたので、みんな、なかよくなりました」
(・ω・)「おしまい!」
(゜Д、゜)「ハッピーエンド!?」
(・ω・)「ままははは、かがみに言いました」
(゜Д、゜)「第二章開幕か、マイサン!」
(・ω・)「このよで、いちばん、きれいなひとはだれですか」
(゜Д、゜)「合ってる、だいぶ合ってるよ、マイサン!」
(・ω・)「かがみは、しんでれらです、と答えました」
(゜Д、゜)「美貌のかりゅうど!?」
(・ω・)「ままははは、しんでれらたちを、ころすことにしました」
(゜Д、゜)「こびとさんたちも視野に入れるとは、すごい殺意だねマイサン」
(・ω・)「ままははは、どくりんごをひとつ、買いました」
(゜Д、゜)「市販品!?」
(・ω・)「ままははは、どくりんごをひとつ、食べました」
(゜Д、゜)「自決!?」
(・ω・)「ままははは、わるいまじょになりました」
(゜Д、゜)「りんごで変身!」
(・ω・)「ままははは、森へ、ぴゅーっていきました、すぱだーまんみたいに!」
(゜Д、゜)「スパイダーマンだねマイサン!」
(・ω・)「そう、それ。しゃーってやって、びゅーんて飛ぶんだよ知ってる?」
(゜Д、゜)「知ってるとも。すごいアグレッシブなまじょだね!」
(・ω・)「おしまい!」
(゜Д、゜)「気になる! ままははのアクションが気になるぞマイサン!」
(・ω・)「もう、ねんねしなさい」
(゜Д、゜)「もうちょっと! もうちょっとだけ!」
(・ω・)「えー、しょうがないなー」
(・ω・)「ままははは、しんでれらとたたかいました」
(゜Д、゜)「さすがはかりゅうど、徹底抗戦だね」
(・ω・)「森が、だいばくはつしました」
(゜Д、゜)「なんと!」
(・ω・)「ままははは、やられました」
(゜Д、゜)「しんでれらに続き、ままははまでも倒したか、かりゅうど!」
(・ω・)「ままははは、しんでれらのおばけに会いました」
(゜Д、゜)「ここでよもやの主人公復活!」
(・ω・)「ままははは、しんでれらのおばけと味方になりました」
(゜Д、゜)「因縁のタッグ!」
(・ω・)「おうじさまは、おうまさんと、ちゅーしました」
(゜Д、゜)「なにやってんの!?」
(・ω・)「こびとさんたちは、おうじさまを、うめました」
(゜Д、゜)「何の罰なの!?」
(・ω・)「おしまい!」
(゜Д、゜)「っえー!? 続きは!?」
(・ω・)「パパかんがえてよ」
(゜Д、゜)「あー……」
(・ω・)「ねんねしなさい」
投稿者 冲方 丁(Ubukata Tow) 時刻: 16:35


236 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/12/14(水) 22:08:22.92 ID:haYpaCDF0 [1/2]
(・ω・)「ほむらは、病室でめざめました」
(゜Д、゜)「二周目開幕か、虚サン!」
(・ω・)「ほむらは、だれもたよらないと決めました」
(゜Д、゜)「二周目でそう判断するなんて、すごい思考だね虚サン」
(・ω・)「ほむらは、ミサイルをひとつ、盗みました」
(゜Д、゜)「盗品!?」
(・ω・)「ほむらは、街へ、時を止めていきました、ザ・ワールドみたいに!」
(゜Д、゜)「ディオだね虚サン!」
(・ω・)「そう、それ。しゃーってやって、びゅーんて飛ぶんだよ知ってる?」
(゜Д、゜)「知ってるとも。すごいアグレッシブな魔法少女だね!」
(・ω・)「おしまい!」
(゜Д、゜)「気になる! ほむらのアクションが気になるぞマイサン!」
(・ω・)「もう、ねんねしなさい」
(゜Д、゜)「もうちょっと! もうちょっとだけ!」
(・ω・)「えー、しょうがないなー」
(・ω・)「ほむらは、ワルプルギスの夜とたたかいました」
(゜Д、゜)「さすがはほむら、徹底抗戦だね」
(・ω・)「街が、だいばくはつしました」
(゜Д、゜)「なんと!」
(・ω・)「ワルプルギスの夜は、やられました」
(゜Д、゜)「他の魔法少女に続き、ワルプルギスの夜までも倒したか、ほむら!」
(・ω・)「ほむらは、まどかのおばけに会いました」
(゜Д、゜)「ここでよもやの主人公復活!」
(・ω・)「ほむらは、まどかのおばけと味方になりました」
(゜Д、゜)「因縁のタッグ!」
(・ω・)「上条は、仁美と、ちゅーしました」
(゜Д、゜)「なにやってんの!?」
(・ω・)「まどかは、さやかを、円環の理に導きました」
(゜Д、゜)「何の罰なの!?」
(・ω・)「おしまい!」
(゜Д、゜)「っえー!? 続きは!?」
(・ω・)「みんなでかんがえてよ」
(゜Д、゜)「あー……」
(・ω・)「ねんねしなさい」
おわり

あれってつまり
こういう事だよね

240 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/12/14(水) 22:51:25.23 ID:w8Z/x3ju0
>>236
しんでれら=ワルプル
 ままはは=ほむら
かりゅうど=まどか
おうじさま=さやか
おうまさん=杏子
どくりんご=ソウルジェム

おうじさまとおうまさんは色々解釈できると思うが、
まどかとほむらの物語には影響を与えてないってことで。

今日: -
昨日: -
総和: -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。