※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


OP0「Love Is Over」

マスターシーンです。
PCは登場できません

 ――“罪を犯す者は幸いである。「赦し」を得る喜びがあるのだから”――
                   (造物主への供物とされた聖人)

「‥‥わかりました。あなたは、新世界を創造するしかないでしょう」

 あまりにも大きな喪失。その衝撃に心の箍が外れた少年は、
虚ろな瞳のまま黒薔薇十字の指輪を受け取った。

「僕を見て」
「僕を愛して」
「僕を‥‥許して‥‥」

 増幅された彼の妄念が、世界を、そして未来を侵していく。

「あなたのような若者が、旧世界の現実などに囚われていてはいけない
そう笑顔で告げつつ、エスカロップ教授は闇の中へと姿を消していく。
(そう。神の愛は無限です。すべての罪は愛に許されていく‥‥)


GM:災厄系プロミネンス《心砕き》が使用されました。この解除方法は情報収集にて提示されます。
 ⇒ 愛の掟1「新規取得パスは“慕情”以外では取得できない。後に、他の内容に変更することは可能」

GM:災厄系プロミネンス《食料危機》が使用されました。この解除方法は情報収集にて提示されます。
 ⇒ 愛の掟2「“慕情”パスを持たない“愛に飢えた者”は、どんな手段でもHPを回復できない」

GM:災厄系プロミネンス《世界停止》が使用されました。この解除方法は情報収集にて提示されます。
 ⇒ 愛の掟3「“慕情”パスを持つ者は常にBS「極技」を適用されている扱いとなる。これは解除できない」

ーーーー
GM:ということで。
GM:以上、「愛の掟1-2-3」が、解除されるまで適用されます。
GM:なにか質疑応答あればどうぞ?w
キョウジ :今のところは特に
シスター :オナジク
龍也 :特にございません
GM:ほい。なお、今回のシナリオではミドルフェイズは「基本マスターシーン進行」です。
GM:「各PCは登場判定に失敗すると“登場失敗チャート”を適用する」ことになりますよ~♪w
ユッタ :ダイジョ→ブです

シーンEND