※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


OP2「×××なのはいけないと思います」

シーンプレイヤー:PC4、シスター・ソフォーラ
他のPCは基本的に顔見世だけなので省略。

 ※ 転校生を紹介しないシーンです。
 ※ 風紀の乱れの原因がプロミネンスであることを察知して、状況打破を決意したらシーンEND

 最近‥‥ 学院内の風紀の乱れが目に余るようになった。
授業中も。通学中も。いちゃいちゃ。いちゃいちゃ。
場所も時間も状況も、まったくわきまえない連中が‥‥ 毒を周囲にふりまいている。
注意すべき立場にある教師たちも、妙に頬を赤く染めて、ぽーっとしてたりする。

 ※ プロミネンス《疫病蔓延》の効果です。恋の病が伝染しています。ばいおはざーど!

シスター :(愛が何かも知らん連中が虫唾が走るワ‥‥)

GM:そして。その魔の手は、キミの周囲にも及ぼうとしていた。
GM:あのシンシアが。妙にソワソワしつつ、キミの存在をスルーしつつ廊下をフラフラしているではないか。
GM/シンシア:「ふらふら~♪」 ああ、まるでロケットのようにわたしの心を突き抜けていく‥‥この想い!
シスター :(シンシア‥‥アタシをムシするだなんて。いい度胸ネ)
GM/シンシア:「ふらふら~♪」 世界中がピンク色に染まっているわ。これは赤方偏移? 世界が加速している?

シスター :「Hey!シンシア!そんなにフ抜けて‥‥私に指輪を渡す気になったのかしラ?」
GM/シンシア:「ふらふら~♪」 秋のクリスマス祭り、最後の夜のダンスパーティで‥‥「きゃーッ♪」歓声。
GM/シンシア:「ハッ?!」
シスター :「あれは不幸をもたらすものヨ、観念しt‥‥!」
GM/シンシア:「‥‥大丈夫。私は正気に戻ったわ」 眼鏡を正す。キラーン☆
シスター :「そうには見えないワ」
GM/シンシア:「あなたは大丈夫なの、ミツコ?」
シスター :「ナンノことカシラ?」
GM/シンシア:「‥‥そうね。貴女の心には彼が」 なぜか納得しつつ。さびしそうに笑う。
シスター :「あと、私をその名で呼ばないでチョウダイ!!」と斬りかかります
GM/シンシア:手持ちのミサイルで受け流しつつ。「ねぇ、ミツコ。この現象‥‥今のリオフレードは異常よ?」
GM/シンシア:「たしかに毎年“秋のクリスマス祭り”は盛り上がるけど‥‥ ここまで皆が常軌を逸するなんて」
シスター :「Sit!ここはとっくの昔に異常の塊よ」
GM/シンシア:「そうだけど‥‥そうじゃなくて!」 眼鏡の奥で瞳が輝る。
GM/シンシア:「ダスクフレアの、仕業じゃ、ないかって、言ってる、のよ!」
シスター : 「ダスクフレア? You、何か知っているのか?ひょっとして黒薔薇じゃないだろうネ?」
GM/シンシア:「だって‥‥ こんなに貴女のことが」 頬を染めて。キミから視線を逸らす。「愛しい、なんて」
GM/シンシア:「そうね。再び、この学院にダスクフレアが出現したのかもしれない‥‥ でも」
シスター :「死にたくなけりゃあ、アタシの前で"愛しい"だの口にしないこったね」
シスター :「糞ダスクより、アンタを先に殺しちまいそうだ」
GM/シンシア:「貴女の手で死ねるのなら‥‥それも悪くないわね」
GM/シンシア:「でもダメ。貴女をそのまま残して死ぬわけにはいかないわ」
シスター :「Fuck!軽々しくシスターの前で死ぬなんていうもんじゃないヨ」
GM/シンシア:「そうね。ごめんなさい。‥‥貴女と彼の間に割り込むつもりなんてないわ」
GM/シンシア:「ただ。一つだけお願い。どうか危険な真似はしないで」
シスター :「わかった。アンタがそこまでおかしくなってるんだったらよっぽどだよ」
GM/シンシア:「もっと自分を大切にしてちょうだい。‥‥彼だって、そう思っているはずよ」 私も。
シスター :「ただし、報酬としてあんたの指輪をいただくワ」
GM/シンシア:「今回の件はエキストラな私に任せて!」
GM/シンシア:「このプロノイアの指輪が手元に残っていたのは、貴女を護るためだわ、きっと!」
シスター :「期待しないで待ってなさい」
GM/シンシア:あ、その言葉には反応できず、すでに走り去っていくのでーw

 シンシアは去った。愛するキミを護るため。彼女はダスクフレアに挑むつもりなのだろう。
だが。今のシンシアが正気でないことだけは、キミにも判っていた。彼女が危ない!

シスター :「‥‥心配だわ」闇薔薇の指輪が光って、薔薇十字の影を感じながら教室に向います。
GM:では、キミは魔法学院を‥‥
GM:いや、このリオフレード諸島全土を(ピンク色の)プロミネンスが覆っていることに気づいた!w

シーンEND