※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ミドル5「秋のクリスマス祭り・3日目」

マスターシーンです。
登場判定の目標値:19

GM:リオフレードに朝が来た。
GM/素子:「ふぁ」 小さく欠伸。「まだ眠いゃ‥‥」
GM:昨晩はパトロールして、異常がないか警戒してたから。すっかり夜更かししてしまったのだ。
GM/素子:「ふふ。‥‥エレナちゃん可愛かったなぁ」 あんな妹欲しいかも~w
キョウジ :2d6+14 登場判定(ダイスを振る)達成値24で成功。
キョウジ :さっきから、無駄に運を使ってるような?w
龍也 :2d6+13 登場判定(ダイスを振る)21で成功です。
シスター :2d6+16(ダイスを振る)出目「5・6」で27! 登場成功デース!
ユッタ :2d6+3(ダイスを振る)当然のように達成値8で失敗。チャートでよろしいですの。
GM:介入なければチャート送りだね。ROCどうぞー
キョウジ :チャートで財産点補充して、登場しやすくしてしまうのも手かもね
ユッタ :4-13「クリスマスバザーに参加」するのにゃ!w
GM:では、即座に4d6点の財産点を失うのにゃ!w
ユッタ☆彡 :「ま、まさかバザーにこんなものが~☆彡」 実はすでに財産点0!w
GM:はいはい。むいちもんばんざい。うしなうものはなにもない!w
GM:では購入判定を+20でどうぞ~w > ユッタちゃん
GM:(実は“恋人ごっこ”もコレで購入可能だったのは秘密だw)
龍也 :ああやっぱり?
ユッタ :伝説のカツサンド(ダイスを振る)出目「6・3」で達成値40‥‥フレア使用。43で購入成功!
GM:おお、バザーに伝説のカツサンドが‥‥って、それ中古?w
ユッタ :バザーに食べ物が出展されるのはよくあることですよw
キョウジ :出店か何かかなw
GM:ほいほい。では、伝説のアレが。若干14歳(に見える)アイドル少女の手に!
GM:「見て。ユッタちゃんよ!」「なにかしら。アレ‥‥」「ひょっとして、あの伝説の?!」「そんなッ?!」
GM:伝説のカツサンドを手にした少女の前に。生徒たちは一斉に道を譲った‥‥
ユッタ :「長年アカデミーにいたが私の口に入ったことの無かった伝説の‥‥」 ちょっと素で
GM:「おおお‥‥ ユッタ様。やり遂げられましたな」「長老!」「‥‥これで時代がまた一つ、か」
キョウジ/MOB生徒 :「今川先輩が、戦艦一隻と交換しても良いって言ったっていう、あのサンドイッチ!?」
ユッタ☆彡 :「しかし眠いなぁ、昨日の夜はずっとエレナちゃんで遊んだからぁ☆彡」
GM:正確には「エレナの安眠を巡って、素子と主導権争いをしていた」になりますねw
GM:では。少女2人が揃って眠そうにしているところに。
キョウジ :それじゃ俺も、昨日のメモを元に寮の外で
キョウジ :一晩中作詞してた‥‥という感じで登場
龍也 :自分は風紀委員として巡回中に合流した感じで。
龍也 :(うーむ、パトロールに身が入らん、やっぱり僕は‥‥)
龍也 :あの後も色々考え込んで寝不足な感じw
GM:では、諸君がばったり道中で合流したときに。

GM/星王陛下(変装中):「‥‥ふむ。これがリオフレードの祭りか」
GM/ヤム姐さん:「ハ。ガキの遊び場にしちゃ、随分と‥‥」
GM/ルー:「お二人とも、こんなところに!」 慌てて2人を連れて図書館へと向かう。
キョウジ :(なんだ、迫力のある熟年カップル‥‥)
ユッタ :そして《音に聞こえし>を使用!!ディオスも私を知っている!!
キョウジ :なんと?!w
GM/星王陛下:「おや。‥‥久しいな」 軽く会釈。かつてと同じ姿とは。> ユッタちゃん
GM/ヤム姐さん:「そうか。アンタが居たっけね」 退屈せずに済みそうだ。くくく(ちろーり)。
GM/ルー:「いや、ですから!」 慌てて二人を連れ戻す。
GM/ルー:去り際にユッタちゃんをにらみ。(‥‥あの時の借りは、また次です)
キョウジ :「って、ユッタの知り合いか」 ほっとして。
キョウジ :「やっぱり、どっかの貴族様か何かか? あの迫力は只者じゃないぞ?」
ユッタ☆彡 :「流石にこの学院のお祭りはVIPが来ますね~」
キョウジ :「そのVIPと悉く顔見知りのユッタの方に驚いてるよ、俺は」
GM/素子:「‥‥そういえば」w
ユッタ☆彡 :「顔が広いですからぁ☆彡」
GM:では、PCの介入がなければシーン終わりますw

シスター :「VIP、VIPPER、VIPPESTデース!」と突然後ろから登場
シスター :「タノシイオハナシワタシも混ぜてくださーい!」
GM/素子:「きゃっ」 シスターの声にびっくり。思わずバランスを崩し‥‥
龍也 :すかさずカバーリング?
シスター :「おっと」私がカバーリング!
龍也 :「!?」
GM:リューヤとシスターが先に転んで折り重なったところで。
GM:ころばずに済んだ素子が「大丈夫?」と二人に声をかける。
龍也 :「‥っ、全くそれはこっちの台詞だったんだが」小声で
シスター :「ビクリさせてゴメンナサイネ☆ アナタこそダイジョーブですか?」
GM/素子:「う、うん。おかげさまでね(?)」
GM/素子:「あ」 シスターの衣服の乱れを直しつつ。ジト目で男性陣をにらむw
キョウジ :「はいはい」 後ろを向く
GM/素子:「ええと。何を言おうとしたか忘れちゃった」 てへへ

GM/素子:「‥‥とりあえず、そこの店でお昼にしませんか?」
GM/素子:「私、ちょっと昨晩の疲れが残ってるみたいで」
シスター :「HA☆HA☆HA☆」
キョウジ :「ん、もうそんな時間か」
ユッタ☆彡 :「いろいろあったからねぇ☆彡」
シスター :「HA☆HA☆HA」

GM/素子:「‥‥いるんだよね。ダスクフレア。この街のどこかに」
GM/素子:「もっと酷いこと‥‥するつもりなのかな」
キョウジ :「これ以上、何もさせねえよ」 ボソ
GM/素子:頭の上に置かれた、キョウジの手にびっくり。
キョウジ :「ほれ、飯にするんだろ?」 と、店の方に向かう
GM/素子:「うん!」 元気に追いかけていこう。

GM:では、何もなければシーンENDするぜーw
キョウジ :あー、今回も買い物を。演出用も兼ねて[デートスポット]を購入。
キョウジ :2d6+5(ダイスを振る)達成値12。[学生証]ボーナス無しでも成功。
GM:購入成功だねっ
ユッタ :[電磁障壁]を売ってるよね、リオフレなら(ダイスを振る)ぴったり18で購入成功。
GM:シスターは?
シスター :「アフタヌーンティーをおかわりDA!」(ダイスを振る)達成値12で成功デース!
龍也 :[エルテンスープ]を(ダイスを振る)購入成功です。

シーンEND

GM:パス調整いこうか
GM:今回もGMチェックならず。
ユッタ :パスはすでにMAX
キョウジ :さて、パスは「ダスクフレアへの哀しみ」を
龍也 :6つ目に「シスターへの疑惑」を取ります。すごく怪しいわけじゃないけどなんか所々怪しいw
GM:ああ、シスター側が持つ「リューヤからの執着」は事実になってしまったのだなw
キョウジ :調整完了~
ユッタ :調整したのです
キョウジ :さて、俺もパスMAXだ

シスター :「アフタヌーンティーへのおかわりDA!」を新規取得。
GM:シスターはそれでいいのかーっ?!w
シスター : 【因縁】シンシア・ヴィルジッツからの友情(ライフパス)
シスター : 【感情】秩序への憧れ(シナリオパス)
シスター : 【因縁】安藤 龍也からの執着(PC間パス)
シスター : 【感情】菱沼=リディア= 素子への利用(ミドル2)
シスター : 【感情】ルイ=シャルルへの執着(ミドル3)
シスター : 【感情】レズプレイへの狂気(ミドル4)
シスター : 【感情】アフタヌーンティーへのおかわりDA!を取得(ミドル5)
シスター :これでMax
GM:後半のgdgdさが酷いな‥‥w
シスター :取る相手が見つからなくて。。。
GM:(‥‥orz)

 いろいろとパス絡みのシナリオギミックを考えたGMとしては、実に泣ける台詞であった。
フレア獲得にも繋がりにくいし、他のPCやNPCも活用できない無駄要素になるので、正直、
こーゆーのはお勧めできない‥‥ 良い子はマネしちゃダメだぞ? GMさん泣いちゃうぞ~?