※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ミドル4「闇に囁くもの」

シーンプレーヤー:フィリオ セルマは自動登場。他のPCは登場難易度7。

フィリオ: さて。屋敷はどんな状況なのかな。

 君たちは、村長邸にたどりつくことができた
村長邸には防衛が敷かれていることが予想された‥‥が

 ダレモイナイ。

GM:その場には、慌ただしく人が出かけた痕跡のみが残っています。
GM:村長邸は、質素ながら明らかに他の漁師たちの家とは違う。
フィリオ: 「なんだ。案外、簡単に入れたな」 きょろきょろ。「ここがアンナの家‥‥」
セルマ: 「ここを拠点にしてるわけじゃないみたいですね」
直: 空気を読まずに、こんぺい糖をほおばりながら淡々と指示を出す。
直: 「おし、早くオレ様の飛翔脚と武器をちゃんとメンテしておけよな」
GM/えーきゅうえーじぇんと:「かしこまりましたっ!」

フィリオ: 「なぁ、セルマ。さっき神殿を包囲してた村人たちの中に村長も居たっけ?」
GM:2回目の襲撃のときは、村長は入っていませんでした。
セルマ: 「村長がいたのは一度目の襲撃だけですね」
セルマ: 村長を思い出してブルッと震える
フィリオ: よいパス表現だ。かわいいのでフレアを投げておこうw
フィリオ: 「自分の娘が生贄にされるってのに、か」 苦々しい口調で。
フィリオ: 「じゃあ、今頃はロバ野郎と一緒にいるのかな。村長も」
アイシャ: 「‥‥本当の子供でない‥‥としたら?いえ、ただの戯言ですが」
フィリオ: 「なんだって?」 アイシャに振り返り。
セルマ: 「そ、そんな話は聞いたことがありませんよ?!」
フィリオ: 「待てよ。じゃあ、村長は最初から‥‥」
フィリオ: 「生贄にするつもりで、アンナを娘にしたってことか?」
アイシャ: 「いけにえで血族が必要なら、村長自身でもいいのでは?と思ったので」
アイシャ: 「‥‥まあ、母方の血筋が重要、という可能性もありますが」
フィリオ: 「ロバ野郎に利用されてるんじゃなく、最初から村長もグルだった‥‥?」
フィリオ: 「ち」 考えるのは苦手だ。「なにか手がかりはないのか!?」

GM:調査するならば【社会】で18。
フィリオ: あいよ。判定するぜー。2d6+9(ダイスを振る)出目「1・3」で13‥‥
フィリオ: む。S5使用で18。成功だ!
GM:ではですね。使われなくなった部屋の戸棚から、日記らしきものを見つけます。
フィリオ: 日記ktkr
GM:筆者は「シルマりル=アルタノ」。アンナの母親ですね。
フィリオ: 「‥‥っ!!」 激しい頭痛。思わず日記を取り落とす。
フィリオ: あー。セルマに日記判読を任せようw
GM:日記の記述はそれなりに長いものですが
セルマ: 「これは‥‥?」 と、日記を開いて中を見て見ます
アイシャ: なら、今のうちにこちらは買い物をw
アイシャ: 2d6+18 まず[温泉]を(ダイスを振る)おいぃ?! また「6・6」でクリティカル!
セルマ: おお、クリティカル!
フィリオ: つーかアイシャ、クリティカルしすぎだろう。今回!w
GM:なんという無駄なクリティカルw
アイシャ: 達成値48ぐらい、のんびりした温泉でw
直: ではこちらも《秘密兵器》使用、自分の[フライングハンマー]を強化。
フィリオ: 彼女の部屋で。かつて“フィリオ=ロッシがシルマに預けたマント”を見つける。
フィリオ: (ルール的には最初から装備していたが。演出的には、ここで発見したことにしたい!w)

- 
 シルマりル=アルタノは元来、この土地の人間ではありませんでした
旅から旅を重ねる過程で“彼”と出会い、共に幾つかの悪と戦って‥‥

 最後の戦いの相手は、この地に眠る邪神【彼方より来るもの】。
その復活を目論んだVF団の裏切り者、ハーバード・ウェストとの戦いでした
 その戦いの結末は、勝利とは言えませんでした。
友であり、そして密かに思っていた“彼”をも失い‥‥
そして戦いの中で「ハオン=ドルの写本」も行方不明となりました。

 ‥‥故に、この地を見張っておかねばならない。
彼女はそう心に誓い、この地に骨をうずめようと決めた。

GM:‥‥日記の最後は 文体が乱れています。

  • 自らの健康が、急速に蝕まれていること。
  • 骨を埋めたこの街で自分が産んだ娘に、自分以上の“適正”があることに気づいたこと。
  • 健康を蝕んでいるのは【彼方より来るもの】の呪いである可能性が高いこと。
  • 自身に残された命と引き換えに、邪神の封印を強化しようと決めたこと。

GM/日記:『これは時間稼ぎでしかない。それでも娘を、アンナを守るためなら‥‥』
GM:日記はここで途絶えています
セルマ: 「――」
GM:日記読んでいたセルマは、そこに一枚の薄い紙が挟まっていることに気が付きます
GM:驚くほど綺麗な、おそらく“彼”の絵
GM:‥‥そこに書かれているのは、フィリオにそっくりな一人の男
セルマ: 「え?こ、これって!?」 とフィリオを見る
フィリオ: 「‥‥そうか」 アンナの面影が。記憶の中の“彼女”と重なる。「シルマ、君は‥‥」
フィリオ: セルマの視線には気づかない。

アイシャ: 「‥‥どうしました、そんな神妙な顔をして」 わしゃわしゃ
フィリオ: 「って、なんだよ急に!」 アイシャに抗議w
アイシャ: わしゃわしゃは自分の髪よw お風呂上りだから
フィリオ: くくく。誤解だったが気にしないぜ!w

セルマ: 「フィリオ‥‥」
フィリオ: 「ん? どうしたんだ、セルマ」 何かを手に、茫然としているセルマにw
セルマ: 「え、えと。これ」 おずおずと写真を差し出します。
フィリオ: 戸惑った表情。驚きと疑問。躊躇しつつも、それを受け取る。
フィリオ: 写真を眺めて「これが“フィリオ=ロッシ”か‥‥」 眼を伏せて。
フィリオ: 「行こう。アンナが待ってる」
フィリオ: 壁にかかっていたマントを手にして。身にまとう。

フィリオ: あ、購入判定しとくねw
GM:了解
フィリオ: 「龍鱗呪法」狙い。目標値は48(ダイスを振る)出目「6・4」で達成値19‥‥
フィリオ: よし。SA使用で39!
セルマ: 《女神の祝福》でCK使用。+10して達成値49で成功です。
フィリオ: サンクス! これで最大HPが+37されて、合計104に!w
フィリオ: 俺がマントをふぁさっと翻すと、セルマには俺の背中が一瞬だけ見える。
フィリオ: そこには致命傷のはずの深い傷が。‥‥傷の「内側」には邪悪な気配が宿っている。
セルマ: 「あれ? フィリオ、背中‥‥」 思わず絶句。
フィリオ: 以上だ。

GM:この後のシーンでは機会はなさそうだから、今のうちに好きなだけ購入判定していいよ。
セルマ: せっかくなんで食事を買い食いします。
フィリオ: ああ、そうだな。セルマの手料理~ぃ♪
セルマ: イカめし([イスタム粥]相当)を食べようと思います。
セルマ: 5+2d6 購入判定(ダイスを振る)出目「2・5」で達成値12。食事成功!
アイシャ: [特上焼き肉]買います。
アイシャ: 2d6+18(ダイスを振る)出目「4・2」で達成値24。
アイシャ: まず[アシスタントクルー]で2を6に変更。さらにH6を切って、達成値34。
アイシャ: 成功したので、【最大HP】+10。
フィリオ: よし。なら[七大使徒の護符]と[温泉]と[にぎりめし]を一緒に購入!w
フィリオ: 2d6+9 目標値38(ダイスを振る)出目「1・6」で達成値16。
フィリオ: S0と屑札2枚使用。達成値28。
セルマ: 《女神の祝福》でCQ使用。+10で38になります
フィリオ: サンクス!w
フィリオ: 彼女の日記と一緒に収納されていた、護符を発見。
フィリオ: 「懐かしいな‥‥」 水浴び中のシルマにばったり偶然にも出くわして、
フィリオ: 3日間食事抜きにされたっけ。‥‥後でこっそりくれた差し入れがうまかった。
フィリオ: 「ありがとな、セルマ」 彼女が用意してくれた[にぎりめし]を懐にしまいつつ。
フィリオ: 「‥‥あの時の約束。今度こそ果たすぜ、シルマ」
フィリオ: では以上で。

シーンEND