※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ED3「星の智慧」

シーンプレーヤー:白井直

 そこは、VF団の秘密アジト。何も見通せない真っ暗な闇の中‥‥
だだっ広い空間の奥には、趣味の良い木製机と椅子。そして、何者かの姿があった。

GM/???:「‥入りたまえ」
GM:その言葉と共に、部屋に一条の光が射し込んでくる。だがその人物の顔は見えない。
直: 「ああ」と小さな胸を張りつつ、真っ暗な部屋へと入る。

 扉が閉まると、机の上に置かれていたランプに自然と明かりが灯り、
机で腕を組んだ「何者か」の手元と、その手前に置かれた数枚の紙だけが浮かびあがる。

GM/???:「報告は読ませてもらった」
直: 「ああ、達筆だろ」 まっすぐ相手を見て。
GM/???:「つまり」
GM/???:「今回の任務では“ロバート・マーシュ殺害には成功した”‥‥」
GM/???:「だが“写本の回収には失敗した”という結果なのだね?」
直: 「その通りだ」 軍人らしい、綺麗な姿勢。
直: だが。よく見ると、ごく微かにだが震えていることが分かるだろう。

 無理もない。‥‥白井直はまだ13歳の子供でしかない。

 幼くしてその天賦の才能を示した彼女は、家族にちやほやされて育った。
飛び級で入隊した陸軍でも、一気に最上級の下士官である「曹長」の地位まで駆けあがった。
(望めばすぐにも士官に昇格できただろうが、彼女は「面倒そうだから」と、それを拒んでいた)

 刺激を求め身を投じた秘密結社「VF団」でも、彼女はすぐに幹部候補「八部衆」となった。
そうして‥‥ 今まで全てに勝利してきた天才少女が、「挫折」や「失敗」に慣れているはずもない。

 誰かに怒られるのが怖い。軽蔑されるのが怖い。
自分が任務に失敗するなんて‥‥ ありえない。何かの間違いだ。

 そんな無秩序な感情が。怒りが。怯えが。彼女の全身を震えさせていた。
ただ「最強」のみを目指してひたすらに駆け‥‥ それ以外の何も持たぬ子供だった。

GM/???:「今回の任務を復唱してみたまえ」
直: 「‥‥“写本の奪還”が最優先任務だ」
GM/???:「ほぅ。理解してはいるようだ」
GM/???:「‥‥だが、理解だけでは何の意味もないな」
GM/???:「我々の活動は、慈善事業ではない」
直: 「分かっている‥‥」
GM/???:「そうか。ならば敢えて何も言うまい」
GM/???:「君の処遇については、後日、正式に通達が下るだろう」
直: 「ああ」

GM/???:「最終的な結論は、総帥ヴァイスフレア様の御判断だ」
GM/???:「だが、個人的な意見を言わせてもらうならば」
GM/???:「“失敗した”とおめおめ報告してくるような愚図が」
GM/???:「まだ『八部衆』に名を連ねていることに疑問を感じている」
GM/???:「‥‥下がってかまわんよ」
直: 「ああ」 両の拳を握りしめながら。そのまま部屋を出る。

 大人になるにつれ、手を広げたままの姿勢が自然となるという。
白井直が悔しさに握りしめた両の拳。それは、彼女の幼さを証明していた‥‥

直: 「クソッ!!」
直: 「クソックソッ!!」 地団駄を踏み。
直: 「今回は装備が悪かった! いつもの小隊と違った! 組んだ相手が悪かったッ!!」
直: 「‥‥なにかが間違いだったんだよ!!」
直: 「オレ様はこんなことで終わる人間じゃないッ!!」

 そして。閉ざされた扉に振り返り、叫ぶ。

直: 「強くなってやる!!」
直: 「オレ様は強くなって‥‥ ダスクフレアだろうが何だろうが、倒せるようになる!」
直: 「やってやるからな!!」
直: 「こんな失敗、屁でもないような凄いことを!!」
直: 「その時は、お前は一番の下っ端にして、こき使ってやる! 覚悟しろよ!!」
直: そのまま。勢い良く外へと飛び出していく。

シーンEND

直: こないなもので。
GM:ううむ。いいRPだw
フィリオ: なおちゃんかわいいなぁ‥‥w

GM:では次はセルマのEDかな。何かリクエストある?
フィリオ: なんとッ?! アンナ&セルマで“双子デュオ”アイドルデビューEDだってェッ?!w
フィリオ: エンディングテーマソング2人で歌うんだよな、きっと!w
直: でも、双子の片方は竜宮小町に‥‥?w
フィリオ: あ、アンナとセルマで結婚式EDもありかな? くっくっく。花婿姿のセルマ‥‥ッ!!w
GM:お前ら自重しろw
セルマ: ‥‥‥‥w
セルマ: 本当はアンナ関係が良いかもしれないが、今回はパスで。
セルマ: まあ、幼馴染でありながらアンナとの接点弱いですからね。
セルマ: 彼女はフィリオのヒロインだしなぁ‥‥w
セルマ: うーん、無難に女神メルキオール様にお褒めの言葉をいただきたいかな。
GM:んじゃ、その方向でいきますね。