※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ED4「療養所にて」

シーンプレーヤー:セルマ

 宴会の片付けも一通り終わった。
セルマが神殿に帰った頃には、すっかり夜も更けていた。

 ‥‥まだ、神殿は荒れ果てた姿のままだ。
片付けや修繕も含め、元の綺麗な姿に戻るには村民たちの協力も必要だろう。
セルマ: 「はぁ‥‥ 神殿の復旧は大変そうだなぁ」

GM:と。神殿に祭られた少女像が輝き始め‥‥
GM:そこから少女が現れた。
GM:他ならぬキミの祀る女神、メルキオールであった。
GM/女神メルキオール:「お疲れ様だね、セルマ」
セルマ: 「えッ?! メ、メルキオール様ッ?!」 驚いて軽くパニックにw
GM/女神メルキオール:「ああ、驚かなくていいよ」
セルマ: 「ふえッ?! は、はい」
GM/女神メルキオール:「大変だったみたいだね?」
セルマ: 「うぅ‥‥ はい」
セルマ: 「でも、手を貸してくれた人たちのおかげで、なんとかなりました!」
GM/女神メルキオール:「よーしよし。よく頑張ったわね」
GM/女神メルキオール:キミの前に降り立ち、抱きしめる。
セルマ: 「メルキオール様‥‥」 ふにゃっと甘える。
GM/女神メルキオール:なにも言わず。ゆっくりとキミの背中をさすり続ける。

 ** ** **

GM:しばらく後。キミが落ち着いた頃に。
GM/女神メルキオール:「心配になったから来たんだけど、もう大丈夫みたいかな」
GM/女神メルキオール:「折角来たんだし。ささやかだけど、お祝いだけしておくね」
セルマ: 「え?」 きょとん。

 言葉と共に女神メルキオールが手を振ると‥‥
荒れ果てていた神殿が、まるで何事もなかったかのように修復される!
(むしろ前より少し豪華になった気もする)w

セルマ: 「うわぁ‥‥ ありがとう、メル様!」 信仰心がぐーんとUPしたよ!w
GM:うわあやばいセルマかわいい。
フィリオ: 純真なセルマが愛しいなw
GM/女神メルキオール:「ふふっ。これからもがんばってね、セルマ。応援してるから!」
GM/女神メルキオール:片手を振りながら、神像に消えてゆく。
セルマ: それを見届けた後。静かに神像に向かい、お祈りを始める。
セルマ: 祈るセルマに月明かりが差し込んでフェードアウト‥‥
セルマ: って感じでシーン終了で、いいですかGM?
GM:ですね。

シーンEND

フィリオ: あれ。‥‥なんか女神がセルマを洗脳してる? 空目かな?w
GM:エー ソンナコトナイヨー (目を逸らし)w
直: まぁ元・社長PCだから仕方がないw
GM:メルって結構自重しないタイプなイメージだね。
セルマ: たしかにそんな感じですねw
セルマ: みんな、メルキオール様信仰しようよ!w
セルマ: 全弧界で同期してる、すごい女神様なんだよ!w

GM:さて、アイシャさんのEDですが。
アイシャ: うちのED、全員に出てもらいたいんだ。
アイシャ: ほら、頼りにされてた人がピンチになって、
アイシャ: そこに仲間が助けにくるのはEDの基本よね?w
フィリオ: お任せ!w
直: どぞー
セルマ: どうぞどうぞ
GM:やれよ!さあ!早く!(その方がGM楽だ!)w
GM:希望するシチュエーションはある?
アイシャ: じゃあ戦争状況で。テオスとダスクフレアの軍勢と闘ってる。
フィリオ: ええと。つまりレジスタンス活動中?
セルマ: どこまでも戦場にいるアイシャさん。
アイシャ: そうそう、レジスタンスで目立ちすぎて、敵に狙われてるのw
GM:では、それでいきましょう。