※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:では、あらためて各自の行動を聞こうか。
GM:シーンプレイヤーのメイからどうぞ
凛:「失礼なことを言うものじゃない! ちょっと背が高いからって!」ぷりぷり
獅藤暝:「私は何でも知っている。なんならいってやろうか祝緒のスリーサイズは―」
獅藤暝:というわけで【生徒会長】豹桐寺祝緒を調べます。
ゆい:「だだだだめですそんなことを言っては!?」
凛:「女同士でスリーサイズを知ってるなんて、別に普通じゃないの‥?」
獅藤暝:12+2d6(ダイスを振る)出目「2・1」で達成値15‥‥ いかん?!
GM:実に友情を感じさせる出目だなw
獅藤暝:《ふたつの頭脳》で振り直す。
GM:では、アクシデント発生。祝緒は機嫌を損ねてしまいます。
ソウマ:ファンブル値が上がってるのか‥‥
獅藤暝:12+2d6(ダイスを振る)出目「6・1」で達成値19! セーフ。
凛:で、改めて《女神の祝福》で+10。
獅藤暝:自フレアD5使用で+5して、合計34です。
獅藤暝:「もちろん、スリーサイズだけじゃない。ほくろの数や性癖もばっちり調べてある」
GM/【生徒会長】祝緒:「め、メイ~~っ!」 いきなり何を言い出すのよ、と慌てつつ。ぽかぽかぽか。
凛:「‥何で皆そんなこと知りたがるんだろう‥」 ファンの女の子達を思い出しつつ

- 
情報項目「【生徒会長】豹桐寺祝緒(ひょうどうじ・いわお)」
  • 【生徒会長】豹桐寺祝緒(ひょうどうじ・いわお)(10/20/30)
10
: 成績優秀・容姿端麗・運動万能と、三拍子そろった超優等生。
: 清く正しい生徒会長として、全生徒から慕われている努力家。
:その美貌と礼儀正しさから、初対面の相手にはやや尻込みされて
:しまうことが多く、ひそかに本人も気にしている。

: 生粋のお嬢様育ちで、あまり下世話な話題にはついていけない。

20
: 彼女は叔母の【学院理事長】豹桐寺殲華(ひょうどうじ・せんか)が
:何かよからぬに関わっていないかと懸念を抱いている。学院の裏の顔を
:知らぬが故の齟齬である。

 ※ この項目が公開された場合、祝緒はミドル5終了後に失踪してしまう。
  それを阻止するためには、彼女に真実を伝える必要がある。
  (彼女と同じシーンに登場し、【心魂値】30に成功する必要がある)

30
: 彼女は「織姫」のために用意された「器」候補の1人である。
:彼女が学院内で死亡/失踪した場合、クライマックスでダスクフレア化する。

 ※ この項目が公開された場合、情報項目「学院の【秘密】」を
  調査するキャラクターは誰でも+30のボーナスを獲得する。

GM:さて。情報項目を公開しました。
ゆい:(祝緒さんにそんな秘密があるとすれば――理事長の秘密を先に探っておいた方が良いですか――お役に立てずすいません、ソウマさん)

GM:では次。
ゆい:というわけで「【学院理事長】豹桐寺殲華について」調査します!
ゆい:では《阿修羅懺悔指》で(ダイスを振る)出目「1・6」で達成値26‥‥
凛:では《女神の祝福》で+20。
ゆい:自前のフレアで+9、達成値55で成功です!
ゆい:ではそうだな、黒衣を纏った怪しい男がいきなり襲いかかってきますw
ゆい:「生徒たちに何をするのですか!」
GM/黒衣の男:「くけーっ!?」
ゆい:「‥‥その反応、あなたは神学のトゥーチロー先生‥‥? いいでしょう、秘密を話してください」(何
GM:先程のプロミネンス2つを使用したエキストラ「黒衣の男」は、キミに真相をべらべらと告げた後‥‥
GM:突如、炎上して爆発!
凛:「何者だ! っていうかせんせいぃぃぃぃぃぃ!? 何事!?」
ゆい:「トゥーイチロー先生‥‥そんな‥‥」
GM:というわけで。ゆいセンセーは財産ポイント20点をゲト。
GM:さらに、即座に新規パス「【学院理事長】からの警戒」を獲得ですw
GM:このパスは、後に他のパスで上書きしてもいいよ。
- 
情報項目「【学院理事長】豹桐寺殲華(ひょうどうじ・せんか)」
10
: 温和な印象の老貴婦人。【生徒会長】は彼女の姪である。
:この「聖帝女学院」の創設に関わった大魔術師の末裔であり、
:アウゼロンにも並ぶ大賢者として有名。

: いつも礼儀正しく気品に満ちた柔らかい物腰で対応するため、
:生徒たちからも憧れの存在として「マダム」と慕われている。
:(月に1回、彼女が開催する御茶会は人気イベントである)

25
: 実は【学院理事長】は、犯罪結社「女帝」の首領である。
:各界の重鎮(犯罪王たち)の弱みを握り、裏取引を交わしている。
:生徒たちは彼女の手駒であり「人質」でもあるのだ。

 ※ この項目を最初に公開した者は、即座に財産ポイント20点を
  獲得し、さらにパス「【学院理事長】からの警戒」を得る。
  (後に他のパスで、このパスを上書きしてもよい)

50
: 現在、【学院理事長】は何者かに「洗脳」されており。
:本人にも自覚なく、邪悪な儀式に協力させられている。
:この項目が明らかになった場合、以降のシーンで誰でも
:「洗脳解除」を試みることができるようになる。

手順1:【学院理事長】と同じシーンに登場する。
手順2:メジャーアクションを使用して【心魂値】対決を行う。
 【学院理事長】の【心魂値】は50である。

 ※ なお「洗脳解除」を試みるPCは、【学院理事長】から
  「敵」として扱われ、攻撃を受けることになる。

 ※ 「洗脳解除」に成功した場合、情報項目「学院の【秘密】」を
  調査するキャラクターは誰でも+50のボーナスを獲得する。



GM/【生徒会長】祝緒:「何が‥‥起きているというの?」
ゆい:「それは、まだ言うべき時ではありません‥‥」
GM/【生徒会長】祝緒:「嘘よ。そんな‥‥ 叔母様が‥‥っ?!」 走り出す。
凛:え、ここで説得するべきなの?
GM:いや、まだチャンスはあるよ! ミドル5終了時までならOKだよ!w
凛:‥‥いや、ここは凛で説得します。まずは《無言のエール》を自分に使って‥‥+8
凛:2d6+8+8(ダイスを振る)出目「3・3」で22、フレアで+10して達成値32!
凛:「いーちゃん、待って!」彼女の腕をつかむ
GM/【生徒会長】祝緒:「‥‥リン、ちゃん」 その呼び名に。足を止める。
凛:「おば様のこと、ショックだとは思う‥生徒を利用していただなんて」
GM/【生徒会長】祝緒:「どうしよう。‥‥叔母様が‥‥っ」
凛:「でも、今、きみが浮き足立ってもどうしようもないだろ?」
GM/【生徒会長】祝緒:悩みつつも。軽挙妄動はしないとキミと約束を交わす。
GM:これにより彼女の「ミドル5終了時に失踪⇒ダスクフレア化」フラグは阻止されました!w
ゆい:良かったですー
GM:では、ここで終わっておこうか。既に「戦闘不能」のソウマは死なないので処理は省略。

シーンEND

GM:パス処理いくよー
ソウマ:あい
GM:今回はGMフレアは4枚で届かず。
GM:では諸君、パスの新規取得&既存パスの変更をどうぞ。
凛:祝緒への心配を取得、および、ソウマへの感情を興味→心配に変更‥これで○○への心配が3つになったw
ソウマ:ではレイ・ランカートからの興味、かな
ゆい:では先生も祝緒への心配で
GM:メイを待つ。
獅藤暝:祝緒へ興味かな
GM:では手札処理をよろしく。