レビュー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海外版を購入した方のレビューをAmazonから抜粋


★★★★☆ あと一歩の完成度


RISENと言う格安で売られていたゲームを買い、それの元がゴシックシリーズだと知りました。RISENは派手さは無いものの、しっかりとした世界観とゲーム性で楽しませてもらいました。開発会社が変わり、ビジュアル面、音楽面は強化されましたが、反面、簡略化されてしまったシステムのせいで残念な仕上がりになっています。食材やポーションの合成は、一定の場所で合成の工程を踏まないでも完了する為、達成感が失われています。これは、採掘や埋蔵品の発掘も同じでエフェクトが簡略化されているので、実感が感じられません。また、街のNPCは、名前の無い住民は会話も不能ですし、攻撃も素通り、完全にオブジェクトと化しています。RISENでは家畜に攻撃すると飼い主が攻撃してくる等ありましたが、あっても軽い会話のみで、生活感がありません。名前ありの NPCは、それに少し毛が生えた程度のフラグ要員でしかありません。クリーチャーデザイン、世界観、音楽等は完成度が高い為、本当に、もったいなく思います。正統派RPGとしての楽しさは、かなり高く、海外RPGの入門としては及第点では無いでしょうか。

★★★★★ ドラクエ+モンハン=ゴシック4


いわゆる洋ゲー嫌いでした。
でも、それ以上にキモイアニメキャラが主人公のゲームや、
いちいち剣を振るたびに声優のキモイアニメ声がでるARPGも嫌い。
ゲームをしたいのに、製作者のオナニーなムービーばかり見せ付けられるゲームも大嫌いでした。

モンハンみたいなアニメキモさが無く、
なおかつアクションで大剣や斧やハンマーで敵をガスガスやっつける。
でもRPGなゲームを遊びたい。
そう思って探していたらこれに出会いました。
英語版ですが、とても面白く、風景がすばらしい。
街の作りこみや、人々もすごい。
ドア一枚ガラス戸一枚にしてもヨーロッパの長い歴史が感じれる。
日本のRPGのように主人公=見知らぬ街の人も知っているではないのがいい。
街の人はある時はそっけなかったり、ある人は助けを求めていたりと、本来の人というこの構えが気持ちよかった。


基本一本道ですが、日本のゲームの製作者の「俺様の考えた世界設定すげーだろ??
俺の世界で使う難解な用語カッコいいだろ??俺の考えた演出って惚れるだろ??」
という、押し付けがましさ、ゲームを遊ぶのではなく、製作者の考えた演出や世界設定を見る為にキャラを動かすという
最近の日本のゲームにあるこれらの事がありません。
ゲーム中の音楽もとても気持ちよく、ヨーロッパ中世の剣と魔法の世界を冒険している。そんなゲームでした。