剣道について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剣道禁止期間
敗戦後(昭和20年から)、剣道を含む武道全般がGHQにより全面的に禁止とされた。この間は、諸道場はもちろん、学校などでも剣道を行うことはできなかった(ただし一部では密かに続けていた地域もある)。この期間中に剣道を何とか復活させようと愛好者たちが策を練った末に、剣道の要素を取り込んだ撓競技(しないきょうぎ)が生み出され、フェンシングに似せた防具やルールを採用するなどして、従来の剣道とは無関係という名目で行われた。その後、GHQの占領終了ととも剣道禁止令が解除され、撓競技は役目を終えた。


剣道の起源の剽窃・捏造問題
一部の韓国関係者が、「剣道の起源はコムドである」と主張しているが、そのソースがネットにて公開された際、多くの捏造点が認められ、現在では完全に否定されている。この起源剽窃問題は、全日本剣道連盟(全日本剣道連盟の正式声明)にて取り上げられ、日本起源であるという事実を国際的に広報すべく、英語版ウェブサイトにも掲載された。


脚注
  1. ^ 高野佐三郎の詠んだ歌にも、「剣道は 神の教えの道なれば やまと心をみがくこの技」とある
  2. ^ また、FIKのGAISF加盟に関しては、韓国に本部のある世界剣道連盟がGAISFに加盟する手続きを取ったため、FIKが本来の剣道の国際的な国際競技団体であることを公式に認めてもらうためがだけに加盟を決断したとも言われている。これに関しては、「コムド」、「韓国起源説」や当記事の剣道の起源の剽窃・捏造問題の部分を参考のこと。
  3. ^ 公式では認められてはいないが地域によっては十級まで級位が存在する。
  4. ^ 一般的に一般会場よりも合格率が高く出る傾向がある。
  5. ^ うち1回は外国人対象で行われる。
  6. ^ 地区や支部によって異なる。支部によっては一級の受審資格を二級合格後、一定の日数が経過してからという規定であることもある。また、過去においては一級受審条件として、中学生以上とのことになっていた。
  7. ^ 六段は剣道家の中では一番の「鬼門」と称されて、五段までは順調に1回で昇段を重ねていった者、また競技会で優秀な成績を修めた者でも、六段取得には10回以上かかっても合格できない者が多々存在する。現在の段位制度での最年少六段合格者は29歳だが、その年齢で合格できる者は剣道界全体でほんのわずかな存在である。一般の受験者からは、「40歳になる前に合格できれば相当な存在」とも呼ばれている。前述の通りにより、六段以降の段位取得者は一気に減少していく。
  8. ^ なお、2006年11月の審査では合格率0.7%という過去最低を叩き出した。




次回「関連項目」へ~



榎本劍修堂 / 劒人倶楽部

埼玉県さいたま市見沼区大谷399


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。