剣道用語辞典わ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

割り稽古
これはお茶の言葉で、お茶はたてて飲むだけでなく、襖の明け方、立て方、品物の並べ方などそのやり方作法に一層の意義があるものであり、そうしたものを部分的に学ぶことを割り稽古という。
剣道でもただお面こ小手の打合いだけでなく、稽古着袴のつけ方、立ち方座り方などにも道としての大きな意義があるものであり、こうしたことをおろそかにせず大事に学びとっていくことが剣道の割り稽古である。


参照:剣道用語辞典 より




榎本劍修堂 / 劒人倶楽部

埼玉県さいたま市見沼区大谷399

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。