※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ̄^ ̄) エッヘン

ここでは、昔話をアスケス風にアレンジした物語を描きたいと思います。

多分、やり方がわからず、この文字の大きさで一生やっていきます;

ご要望があれば文字をデカくする勉強してきます。ハイ。約束します。


物語のベースになるのは・・・・・・
@浦島太郎@です。まぁ最初なんで期待しないでねぇ。

10ヶ月前、浦島太郎(以下浦島)は、花見をしていた。

そうすると、一人の酔っ払いが、浦島に向かって攻撃してきた!。

浦島は受身の態勢が取れず、500のダメージ。瀕死の状態・・・・・。

なんとそこに、浦島の大好物の、「マックポーク」が落ちていた。

きっと、花見客が落としたんだろう。これを、すぐさま浦島が口にした。

浦島「マックポーク、フェイスリンク!」

なんと、浦島は「マックポーク」を食べると、顔が1.15倍かっこよくなる。

酔っ払い「テキサス、フェイスマッチョ!」

なんと、酔っ払いは「テキサスバーガー」を食べると、顔だけマッチョになる。

浦島「俺をいきなり攻撃するとは、貴様ナニモノ!?」

酔っ払い「通りすがりの、リーマンだZE☆」

酔っ払いはカナリ、酔っ払っているらしい・・・・・。

浦島「お前の息が酒臭すぎて、まわりの花見客に影響を及ぼしているんだ!」

浦島「さっさと家に帰って、歯を磨け!」

酔っ払い「口がくさい?だまれwお前の鼻は腐ってる。豆腐の腐だぁw。」

浦島「俺にはむかうとどうなると思う?。ッフ仕方がない。」

浦島「ポーク、リバース!!!!!!」

酔っ払い「なに?リバー?川かい?意味わかんなfちょいえjvのでjヴぉえdwjc」

酔っ払い「キサマ・・・・なにをしよkvgprfkmvpsk:v、ksr@wb」

浦島「ポーク、リバースは貴様のピーーーーーーーーーをピーーーーーーーーな感じにするのさ☆」

酔っ払い「肝心なところがよく聞こえないぞーーーー♪」

そこらへんの花見客(以下そこらに略「まぁ!浦島さん素敵♪」

そこら「よかったら、そのぉ・・・・・。今度、お茶でもしませんか?」

浦島「エエ。ボク女性恐怖しょ・・・jもjでこでskcpkdvp;sd」

そこら「まぁ大変!すぐに救急車を呼んで!」


浦島はこうしてそこらの活躍により、1週間ほど入院したのであった。、」