WPF > コンポーネント > コントロール > コンボボックス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本的な使い方

プロパティを全く指定しない場合は、コントロールをクリックするとアイテムを選択するためのドロップダウンボックスが表示される。

ComboBoxItemを記述する

<ComboBox>
	<ComboBoxItem Content="北海道" />
	<ComboBoxItem Content="青森" />
	<ComboBoxItem Content="秋田" />
	<ComboBoxItem Content="岩手" />
</ComboBox>

ItemsSourceで要素を指定する

<Window
	xmlns:sys="clr-namespace:System;assembly=mscorlib"
	xmlns:col="clr-namespace:System.Collections;assembly=mscorlib"
>
	<Window.Resources>
		<col:ArrayList x:Key="items">
			<sys:String>北海道</sys:String>
			<sys:String>青森</sys:String>
			<sys:String>秋田</sys:String>
			<sys:String>岩手</sys:String>
			<sys:String>福島</sys:String>
		</col:ArrayList>
	</Window.Resources>
 
	<Grid>
		<ComboBox ItemsSource="{StaticResource items}" />
	</Grid>
</Window>

入力モードでアイテム選択

IsEditable を True にすると、入力によってアイテムを選択させることができる。

ただし、選択項目にない文字列などを入力すると、コンボボックスは何も選択されていないことになり、ComboBox.SelectedItemはNullとなる。

<ComboBox IsEditable="True">
	<ComboBoxItem Content="北海道" />
	<ComboBoxItem Content="青森" />
	<ComboBoxItem Content="秋田" />
	<ComboBoxItem Content="岩手" />
</ComboBox>

アイテム表示方法

ComboBoxItemではアイテムのフォントや背景色を設定できる。

<ComboBox>
	<ComboBoxItem HorizontalAlignment="Right" Content="北海道" />
	<ComboBoxItem Foreground="Blue" Content="青森" />
	<ComboBoxItem FontSize="7" FontWeight="Bold" FontFamily="MS 明朝" Content="秋田" />
	<ComboBoxItem Background="Red" Content="岩手" />
</ComboBox>

参考サイト

読んでいる本


Effective C#

QLOOKアクセス解析

ここを編集