Atheus開発まとめ 物理サービス
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

物理サービス

概要

 物理空間として振舞います

準拠オブジェクト情報

 なし

アクション挙動

  • 速度はマイクロメートル毎秒単位で指定します。また、0以上でなければなりません。
  • 地区は、半角数字(0-9)で指定します。また、0以上でなければなりません。
  • XおよびX(n)、ZおよびZ(n)は、半角数字(0-9)で指定します。また、0以上でなければなりません。
  • 番号は、半角数字で指定します。また、0以上でなければなりません。

現在

 現在の座標を取得します。移動中の場合は、移動量も加算されます。
GET
 現在
RES
 現在 地区 = ( 地区 ) X = ( X ) Z = ( Z )

移動

 X,Zへ、マイクロメートル毎秒単位の速度で移動します。視点は現在の座標が使用されます。
GET
 移動 地区 = ( 地区 ) X = ( X ) Z = ( Z ) 速度 = ( 速度 )
RES
 移動 地区 = ( 地区 ) X = ( X ) Z = ( Z ) 速度 = ( 速度 )

規制

 X1,Z1からX2,Z2までの線分について、移動を規制します
GET
 規制 地区 = ( 地区 ) X1 = ( X1 ) Z1 = ( Z1 ) X2 = ( X2 ) Z2 = ( Z2 )
RES
 規制 地区 = ( 地区 ) X1 = ( X1 ) Z1 = ( Z1 ) X2 = ( X2 ) Z2 = ( Z2 ) 番号 = ( 番号 )

解除

 規制時に取得した番号で規制を解除します
GET
 解除 地区 = ( 地区 ) 番号 = ( 番号 )
RES
 解除 地区 = ( 地区 ) 番号 = ( 番号 )

実装FAQ

Q1.
A1.