※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドスフロギィ
滞留する霧状の毒を吐く、鳥竜種ドスフロギィ。
喉のまわりにある袋状の器官で毒を生成し、毒を吐く前には袋を大きく膨らませる。
毒は、霧状にも関わらず、大型の草食種を弱らせるのに十分な毒性をもっている。
ドスジャギィと近縁種で、同様に群れで行動する習性をもつ。