※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロアルドロス
たてがみにも見える海綿状の鱗が特徴的な、“水獣”の異名を持つ海竜種。
この器官が大量の水分を保持し体表の乾燥を防ぐため、海竜種としては比較的長時間、陸上での活動が可能である。
通常、雄同士は雌の獲得のために争いを繰り返し、それに勝ち抜いた強く大きな雄だけが群れのボスとして君臨する。
群れを守ろうという意識は非常に強く、人間が不用意に近付けば襲われることは必至だ。
狩猟に成功すれば、特異なその素材は武具の素材として大いに役立つことだろう。