※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古い布についてもっと知ってほしい・昔の着物を大切にしたい、そんな願いから2002年に京都で発足しました。
定期的にセミナー・勉強会・展示活動を続けております。
事務局は京都市左京区にございます。

法人認証:2009年3月

会員数: 関西15名  関東15名

目的: 古い布についての知識を広め、保存に対する一般の意識を高める

主な活動: 布についてのセミナー・研究会(年2回)
        テーマ別展示
        所蔵品の見学
        各美術館・博物館への展示品貸し出し
         (貸出規約等につきましてはこちらをご覧下さい)
        年2回会報の発行


会員資格: 布についてある程度の知識をお持ちの方、
         布に関するお仕事の方、会員より推薦を受けた方

出版物: 「京都に残る100枚の銘仙」パンフレット
      (世田谷区民財団の支援により作成)
       「華やぐこころ 大正昭和のお出かけ着物」
      (神戸ファッション美術館の 支援により作成)

受賞: 日本ディスプレイデザイン賞
(東京での銘仙展示に対し、ディスプレイ担当のHighsopt Designが受賞)


お問い合わせ: 「NPO法人京都古布保存会事務局」
           京都市左京区浄土寺上南田町60 銀閣寺つぼみ 内
           電話・ファクス:075-761-3803


参照:京都古布保存会公式ページ「沿革」より
http://www.hozonkai.org/



古布専門店 はてな

東京都立川市高松町3-30-24