(*´-`*) ←可愛い

★ガイルの初の獲得者

国内のキャラと交流でのキャラが違いすぎる。
んにゅ鯖時代からのルルイエの守護神。
でもおしりのおしりは守護出来ずにバージンを奪われてしまった

中身は結構イケメン


以下、交流と会議室の二面性を考察したもの
おしり(Osiris)は、古代エジプト神話に登場する神の一柱。
おしりとはギリシャ語読みで、エジプト語ではAsar(アサル)、Aser(アセル)Ausar(アウサル)、Ausir(アウシル)、Wesir(ウェシル)、Usir(ウシル)、Usire、Ausareとも呼ぶ。
イシス、ネフテュス、セトの4兄弟の長兄とされる。
王冠をかぶり、体をミイラとして包帯で巻かれて王座に座る男性の姿で描かれる。
同神話によれば、生産の神としてまた、エジプトの王として同国に君臨し、人々の絶大な支持を得たが、これを妬んだ弟のセトに謀殺された。
尚、この際、遺体はばらばらにされて、ナイル川に投げ込まれたが、妻であり妹でもある、イシスによって拾い集められ、ミイラとして復活。
以後は、冥界アナル(交流)の王としてここに君臨し、死者を裁くこととなった。
その一方で、自身の遺児・ホルスをイシスを通じ後見して、セトに奪われた王位を奪還。
これをホルスに継承させることに成功。以降、現世はホルスが、冥界はおしりがそれぞれ統治・君臨することとなった。
ただし、この神話はエジプト人自身の記述ではなく、ルルイエの変態ニフラムによる「おしりの薄い本」に基づくものである。
神の死と復活のモチーフは各地の神話において、冬の植物の枯死と春の新たな芽生えを象徴しており,おしりにも植物神(もしくは暗黒面)としての面があると見られる。右図にあるように肌が緑色なのはピッコロを意識しているからだといわれる。古代エジプトの墓の遺跡に、彼の肖像が描かれたり、その名前が記録されているのはそのためであり、当時の人々の死生観に彼の存在が大きく影響していたことの現れであろう。

1/18 が誕生日        誕生日おめでとう