変態を支える内政官、新規ながら君主にもなる
会話も多いがさすがそこは変態民、会話の節々からにじみ出る変態である