参入当初は闘技場と偵察に意欲のある無害なプレイヤーだったのだが…

討伐地にガチモンを撒き始めてから害悪プレイヤーとしての人生をスタートさせていった
そんなプルツー氏の悪名を確固たるものにしたのが486年である
氏は封印側戦争国であった百合に所属していたが、暗黒の統一が近いと見るや悪魔に魂を売り渡し、それどころか移籍直後に祖国である百合を滅ぼすという離れ業を披露した

その後にんぽっぽのメテオ連打を機とした封印側の驚異の奮闘により暗黒は逆転敗北を喫する
暗黒の敗因は同盟国の緑に依存しすぎていたことと言われているが、氏をはじめとした勝ち馬ライダーたちの存在によってNPC反撃が阻害されたことも見逃せない
氏が百合を滅ぼした際に残した日記を引用する

闇堕ち (10/26 00:52)
祖国を裏切り、そして滅ぼす…
これが暗黒情勢なのですね。素晴らしい!
前回の首狩はよくわからないままに終わってしまったけれど、
今回は暗黒面が味わえて良かったです
よっす、どうも プルツー[ゴミクズ]

その後の氏の活躍については以下の列伝を参照されたし

プルツー列伝
  • 統一寸前に暗黒に寝返り祖国を滅ぼし日記で勝利宣言、その後敗北
  • 490年拙速にて開戦10分前に君主になるも国設定せず
  • メテオ直後に瀕死の同盟国に進軍、無事滅亡させる
  • 他人の名前偽ってガチモンを撒く


時は流れ506年……

闇堕ちツー (12/3 01:23)
過去にNPC国へ仕官した人は、しばらくNPC国へ 仕官 することは許されません 役目を終えた ユダ★0 は光の彼方へ消えていった… ユダ★0 ノシ
ボルテさんの遺品は闇堕ちを許さなかったようです
次に暗黒行く時は活躍出来るよう力を蓄えたいですね
海底都市ルルイエ プルツー[強化人間]


この過去に縛られず常に前進するメンタリティこそが氏の氏たる所以なのであろう

名前:
コメント: